KABA.ちゃん

写真拡大

13日放送の「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)で、タレントのKABA.ちゃんが美容のために実践する生活習慣に、スタジオの医師全員が否定的な見解を示した。

番組では、KABA.ちゃんの私生活に密着し、健康法に医師たちが診断を下した。取材日、KABA.ちゃんは美と健康のために計4リットルの水を飲み、トイレには21回行っていた。スタジオの出演者たちが驚くと、KABA.ちゃんは「新大阪と東京の新幹線で8回くらいトイレに行った」と、頻繁にトイレに足を運ぶと告白する。KABA.ちゃんとしては、「(水分を)とった分だけ出すって、体に良さそう」という美容意識からくる行動だそうで、そばに水がないと落ち着かないらしい。

しかしKABA.ちゃんの美容法に、スタジオの医師5人は全員ダメ出しをした。消化器専門医師の大竹真一郎氏は「1日4リットルはとりすぎ。理想は1日1〜1.5リットル」「一気に水をとりますと、血液が薄まってしまい水中毒になる恐れがある」と指摘した。

水中毒とは、血液中の塩分の低下による低ナトリウム血症のことで、頭痛や意識が朦朧とするなどの症状が出る可能性があるという。

【関連記事】
鈴木奈々のトイレの自撮りに渡部建が驚愕「こんな映像見たことない」
FUJIWARA・藤本敏史の口臭に妻の木下優樹菜が痛烈「ドブ飲んだかな」
高嶋政宏 自身の日課が原因で舞台の本番中に陥った危機