中国の中学校や高校は日本と違ってジャージが制服扱いとなっている。そのため、中国の学生たちは日本の学校の制服をうらやましがると同時に、自分たちの制服が醜いとして批判している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国の中学校や高校は日本と違ってジャージが制服扱いとなっている。そのため、中国の学生たちは日本の学校の制服をうらやましがると同時に、自分たちの制服が醜いとして批判している。

 日本の高校生の制服については、中国の人びともインターネットのほか、日本のドラマやアニメなどでよく知っているようで、中国メディアの婁底網はこのほど、なぜ日本の女子高生の制服はスカートがどんどん短くなっているのかと疑問を投げかけている。

 記事は、日本では中学校の制服ですらオシャレに見えるとし、「清純で可愛いらしい女子生徒の制服は、中国の男女たちから幅広い支持を得ている」と主張。日本の制服が羨ましく思えるのは、中国の制服が男女ともにオシャレさのかけらもないジャージであることがその背景にあると指摘した。

 続けて、日本の学生服の歴史を紹介し、かつての女子生徒はロングスカートだったことを指摘する一方、近年はミニスカートと呼べるほどスカートの丈が短くなっていることを指摘。こうした変化について、「日本人女性の審美眼の変化と、開放的な思想によるもの」と考察し、アニメのセーラームーンが流行したこともミニスカートの流行に拍車をかけたのではないかと考察した。

 中国ネット上の意見を見ると、中国人は学校の制服がジャージであることに反発しているようだが、学生たちの「ダサすぎる」という声は届いていないのが現状で、中国国内の大半の学校は今なおジャージが制服代わりとなっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)