反省文を8時間書かされて自殺 高1男子生徒の遺族が大阪府を提訴

ざっくり言うと

  • 高1男子生徒が2015年5月、教員らの行き過ぎた指導で自殺したとされる事件
  • 遺族は大阪府に対し、約7700万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した
  • 教員は当時、同生徒に8時間にもわたって反省文を書かせるなどしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング