認知症の91歳男性が電車にはねられ死亡 介護家族の責任を最高裁が判断へ

ざっくり言うと

  • 責任能力がない91歳の認知症男性が徘徊中に電車にはねられ死亡した事故
  • 3月1日、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかが争われた訴訟の判決がでる
  • 家族の監督義務について、最高裁として初判断を示す可能性もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング