野々村竜太郎被告 「記憶障害の可能性」も証拠の診断書提出せず

ざっくり言うと

  • 野々村被告の第2回公判が22日、神戸地裁で開かれた
  • 被告は予告していた記憶障害の可能性の診断書を提出せず、言及もなかった
  • 弁護人は理由を問われ「ご想像にお任せします」と苦笑いしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング