「リモートで殺される」(日本テレビ公式ホームページより)

写真拡大

 7月26日、日本テレビで「リモートで殺される」(22時30分〜23時25分)が放送された。

 企画・原案を秋元康氏、監督をホラージャンルでは有名な中田秀夫氏がそれぞれ担当。「リモートでの会話を軸に繰り広げられるリアルタイムミステリードラマ!」という謳い文句だった。

「緊急事態宣言による自粛期間の最中、リモートで集まった高校時代の同級生6人の話は、高校在学中に学校の屋上から転落死した同級生の女子の話題に。その子の話をしていくうちに彼ら6人は次々と殺されていく…」というストーリーで「日テレがこのキャストとスタッフでやって、面白くないわけがないだろうなあ」と思いつつ、観たのだが……。

 出演者の芝居はそれぞれよかった。これから地上波版とHulu版をまとめてHuluで観る人がいるとは思うので、それぞれの出演者がどんなふうにストーリーと絡んでいくかはネタバレになるので書かないが、前田敦子は特によかった。初めてしっかりと観たが、斎藤飛鳥の「小悪魔っぷり」もすごく面白かった。

「リモートで殺される」(日本テレビ公式ホームページより)

 また、ドラマが「リモートでの会話」を軸にしているからといってもPC上に映る“正面から見た人の顔”がZOOM風に並んで会話されていくだけではなく、リモート参加者の全身の動きを写し撮る普通の民放ドラマにあるカメラワークを併用。その結果、「ネット上でのリモートドラマ映像+一般のテレビドラマ映像」という形になっていて飽きることはなかった。

 こんな演出もあった。上下3名ずつリモート参加者が並び、上の一番左の人がセリフを話し、次にその隣の人、さらに次にその隣の人…とセリフを順に話していくと、そのセリフに合わせてカメラワークは左側から水平に移動していく。「リモートワークを撮るのに、こういう映像の発想もあるのか」と、その演出に新しさを感じたりもしたのだ。

 それにも関わらず、この「リモートで殺される」は、放送終了直後、「これは本当に酷い」と思わされたのだ。

 何を酷いと思ったのか。

 それはこのドラマとHuluをつなぐドラマの構造と、その構造からの逆算によって決まってしまった地上波版「リモートに殺される」の“お話”のこと、だ。

誘導

 Huluはアメリカに本社がある動画配信サービスだ。日本では2011年からサービスが始まったが、2014年、日テレの完全子会社が日本向けのサービス権を承継した。それ以降、日本テレビ系の有料動画配信サービスという性格を強め、日テレが製作したテレビドラマのスピンオフ作品や総集編もHuluオリジナルとして手掛けられている。

 いわゆる「“続きはHuluで”商法」というものがある。これは、地上波ドラマ終了時にその作品の「スピンオフ作品」「総集編」などの番組の存在を地上波で告知し、その番組は日本テレビ関連動画サービスHuluで観られるのでそちらに移動して観るように、と“誘導をかける”手法のことだ。

 Huluに限らず、在京キー局が運営する動画配信サービスには他にも、「FOD」(フジテレビ)、「Paravi」(TBSテレビ/テレビ東京)、「NHKオンデマンド」(日本放送協会)や在京キー局共同の見逃し配信サービス「TVer」などがあり、それぞれ地上波に関連する動画配信サービスへの誘導は、普通にある。

 にもかかわらず、そうした動きを一括して「“続きはHuluで”商法」などと呼びたくなるのは、いい悪いはともかく、地上波から動画配信サービスへの誘導に関してはHuluが一番目立っていたからだと思う。

 Huluの「地上波から動画配信サービスへの誘導」がネットで話題になったのが、2017年の連ドラ「愛してたって、秘密はある。」最終話の終了直後に「本当の解決編はHuluで」とやって以降のようだ。

 その後、そうした誘導には例えば以下のようなものがあった。

*2018年
・「トドメの接吻(キス)」(地上波)→「トドメのパラレル」(Hulu)
・「崖っぷちホテル!」(地上波)→「崖っぷちホテル!〜本日のお客様は、宇海直哉様〜」(Hulu)
「ゼロ 一獲千金ゲーム」(地上波)→「ゼロ エピソードZERO 後藤ミツル編」(Hulu)
・「今日から俺は!!」(地上波)→「今日から俺は!! 未公開シーン復活版」(Hulu)

*2019年
・「ボイス 110緊急指令室」(地上波)→「ボイス 110緊急指令室 CALL BACK」(Hulu)
・「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(地上波)→「3年A組 -今から皆さんだけの、卒業式です-」(Hulu)
・「あなたの番です」(地上波)→「扉の向こう番外編 過去の扉」(Hulu)
・「ニッポンノワール −刑事Yの反乱−」(地上波)→「ニッポンノワール −刑事N・Uの告白−」(Hulu)

 これらは地上波連ドラの終了後、「最終話以降の話」だったり、「主人公とは別の視点から観たドラマ」だったりと、その連ドラを楽しんでいたものならそれなりに楽しめるものになっていたと思う。

 いずれにせよ、地上波とHuluのドラマの連動関係はこれまではあくまで「主…地上波/従…Hulu」という関係ではすべてが共通していた。

 しかし、今回の「リモートで殺される」だけは、そこは異なる。今回は地上波だけでは完結しなかった。

 いいや、「完結しない」などと言うのは、少し控えめな“良い言い方”だろう。正しく言えば地上波だけを観てもこのドラマは「全くわからない」のだ。

SNSは大荒れ

 映画でもドラマや小説でも、ミステリーやサスペンスなら、1.「誰が犯人か?」2.「誰がどうやって殺されたのか?」3.「犯人(共犯者)の動機と目的は何か?」は最低限、最後には明かされる。この3つが最後までわからないと、読者や視聴者は強烈な消化不良感や欲求不満感に苛まれることになるからだ。

 このドラマでは、主な登場人物のうち何人かが殺されていく(少なくとも殺されていくように見える)のだが、『リモートで殺される』(地上波版)では何と最後まで、その犯人がわからないのだ。犯人が分からない以上、その動機や目的もわからず終い。

 そして番組最後、ネットでは悪名高きあの1行がテレビ画面に出ることになる。

「続きはHuluで」

「話にならない」という言い方は日頃の生活でよく使うが、この「リモートで殺される」は本当に文字通り、地上波バージョンだけ観ても「話にならない」のである。

 これは今まで日テレがやってきた地上波→動画配信サービスへの誘導とは、次元が全く異なる。今までは地上波でやっていた本編は本編として完結した上で、それと関連する「その後の話」やそれまでサブキャラだった登場人物の視点から見た「スピンオフストーリー」だったり、「総集編」を動画配信サービスで見せるという形だったのだ。

 今回の「リモートで殺される」では、そのHulu版である「リモートで殺される 殺人の裏側編」を観ることで、犯人やその共犯者が誰か、そしてその動機は何なのかが初めてわかるという構造になっている。

 別角度から言うと、地上波しか観ないと決めている人にとって、この1時間のドラマの事件の全貌はわからないまま終わってしまうのだ。

 案の定、放送終了直後からツイッターなどのSNSは大いに荒れた。それはそうだろう。犯人がわからないまま、いつもの「続きはHuluで」とされたのだから。

 公平に言えば、Huluでは「お試し利用」というものがあり、少々面倒な登録作業を行えば「1ヵ月無料視聴期間」できるので、Huluへの登録を行い「リモートで殺される 殺人の裏側編」を視聴後解約してしまえば無料で観られると言えば観られる。

 しかし、そのことはさておき、日曜1時間、それなりに楽しみにして観た地上波のミステリードラマで最後まで犯人がわからないまま、「犯人を知りたければ、同じ局の関連動画サービス・Huluに加入せよ」と、まるで“目の前にニンジンぶら下げられた馬扱い”をされたことに視聴者は怒ったのだと思う。

 私も正直、ドラマを観た直後は腹立たしいと思ったし、そのあまりに露骨な手法に驚きもした。

 しかし、その一方で、こんなことも思っていた。

 「こんなことをすれば、いくら何でも視聴者が不愉快に思うことくらい、プロ中のプロである制作スタッフはわかっているだろう。SNSの“炎上商法”と言ったところで限度もある。なら、どうしてこんな露骨なことまでする必要があるのだろう」と。

 少し調べてみると、「そこまでやらなければ、今のテレビ局とその関連動画サービスはたしかに厳しいのかもしれない」ということに思い当たった。

Huluが直面する状況

 番組ソフトによる、地上波から関連動画サービスへの誘導のこの“過激化”を理解するためには、まずは地上波を巡る概況を押さえるべきだろう。

 今年4月にビデオリサーチ社が首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の1都3県)の約1500人に行った「視聴量調査」によれば…

*2月24日週から、前年同週比較で視聴量の増加が顕著
*4月13日週では男女13〜19才・男性20〜34才・35〜49才で150%以上の視聴量が増加…となっている。

 このコロナ禍、特に「緊急事態宣言」期間前後の「ステイホーム」の中、テレビ視聴量が増加するのは多くの人の想像通りだった。

 しかし、その「視聴量」の増加に伴って、地上波は利益を上げることができたのだろうか。

 今年の7月、コロナ禍によって中止続きだった民放キー局(日本テレビを除く)の社長定例記者会見が約三カ月ぶりに再開した。民放キー5局とも4、5月の「ステイホーム」期間中は視聴者の在宅率が上がり「視聴量」は上記のように増加したものの、CM収入は大ダメージとなる衝撃的な数字を記録したとの報告がその会見で行われた。以下が民放キー5局の2020年5月のスポットCM(番組に関係なく、局が定める時間に挿入されるCM枠内でCMを放送する広告収入のこと)の昨年度同期との対比報告である。

・日本テレビ 未発表
・テレビ朝日 58.7%
・TBS 59%台
・テレビ東京64.7%
・フジテレビ57.5%
※前年同期比

 テレビ局は1%〜2%のCM費増減でも大騒ぎとなる。それを考えれば、上記数字は衝撃的なものだったと思われる。

 次に動画配信サービス自体のマーケット概況とHuluが直面している状況を見てみる。

 株式会社『ICT総研』が2019年2月に行った「2019年 有料動画配信サービス利用動向に関する調査」の概要を参考にすると、

1.有料動画配信サービス利用者数は1,750万人、2021年に2,360万人へ拡大

2.有料動画サービスを利用していると回答した847人の中で、主に利用する動画サービス名を聞いたところ、有料サービス最多利用率はアマゾン・プライム・ビデオが66%でトップ、Netflixが21%で2位、3位が19%でHulu

 上記『ICT総研』のデータに関わらず、他の幾つかのデータを参照すると、「動画配信サービス会員数1位」は圧倒的に「アマゾン・プライム・ビデオ」であり、次いで「Netflix」、3位が「Hulu」という順位になる。

 総じて、動画配信サービスのマーケットは「拡大の一途」であるものの、Huluは世界の2強に現状、どうしても及ばない。

 こうした動画配信サービス概況に、前述した「今までのやり方ではマネタイズが困難な状況に陥っているテレビ業界」を合わせて考えてみれば、今回の地上波「リモートで殺される」からHuluの「リモートで殺される 殺人の裏編」への誘導・過激化の背景は理解できる。

 動画配信に加え、配送料無料や音楽コンテンツの聴き放題サービスなど多様なサービスが含まれることからコストパフォーマンスが高いと認識され、利用者拡大一途の『アマゾン・プライム・ビデオ』。海外コンテンツの豊富さに加え、オリジナルコンテンツの充実ぶりを謳う「Netflix」。

「アマゾン・プライム・ビデオ」には及ばないとしても、当面、Huluのすぐ上にいる「Netflix」との会員獲得競争に打ち勝つためには、テレビ放送と連動できるというアドバンテージを生かす戦略を敷くことが必須であり、また現状の会員数を踏まえれば「Netflix」と会員数競争というフィールドに立てる民放関連動画サービスは、Huluしかない。

 一方、日テレ側からみるとこれだけCM広告料が激減する中、有力な代替案が出せない現状では、Huluとの連動による新しいビジネスモデルを模索していかざるを得ない。

 今回の地上波「リモートで殺される」からHuluの「リモートで殺される 殺人の裏編」への誘導にはそんな背景と必然性があったのだろう。

Hulu版を観てみたが…

 ちなみに、私はHulu版も観てみたいと思い、新規登録を行い「お試し利用」をし、「リモートで殺される 殺人の裏側編」も観てみた。

 さすがにこちらまで観ると前述した1.「誰が犯人か?」2.「誰がどうやって殺されたのか?」ははっきりわかったのだが、3.「犯人(共犯者)の動機と目的は何か?」については実はかなり厳しかった。ドラマ自体が「サスペンス」なのか「ホラー」なのか、ドラマとしての輪郭がわかりにくかったためだ。

 地上波放送は関連の動画配信サービスへと誘導するため、その構造、仕組みを使いどんどん面白いことをやって、会員拡大を図っていけばいいと思う。

 しかし、今回の地上波版『リモートで殺される』とHulu版『リモートで殺される 殺人の裏側編』それぞれのドラマは、残念ながら現在の民放地上波の苦境とHulu側の会員獲得競争への焦りが合体した果てに生み出された、“歪んだドラマ”にしか見えなかった。

尾崎尚之(@YuuyakeBangohan)/編集者

週刊新潮WEB取材班編集

2020年8月4日 掲載