「現実を表に出す作業を」精神疾患の入院者を撮り続ける写真家の思い

ざっくり言うと

  • 障害というフィルターで、長らく「閉ざされた世界」と言われてきた精神病院
  • 写真家の大西暢夫さんは、全国の病院を訪れて患者の写真を撮り続けている
  • 「現実を表に出す作業をしないといけない」という思いが原動力のようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x