他人の飼い猫を虐待、求刑より重い判決「愛護意識の高まり考慮」

ざっくり言うと

  • 他人の飼い猫を持ち去り、虐待を加え死なせたとして罪に問われた被告の裁判
  • 富山地裁は17日、被告に懲役8月、執行猶予4年(求刑懲役6月)を言い渡した
  • 裁判官は求刑について、「動物愛護意識の高まりを考えると軽い」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング