ケニアの食品工場が魚の皮革を製造、爬虫類レザーの代用として期待

写真拡大

ケニア 6日 ロイター] - ケニア西部の街キタレの食品工場ビクトリアン・フーズ・ファクトリーで、魚の皮からレザー(皮革)を作り出す試みが行われている。国連食糧農業機関(FAO)の「ブルー・グロース・イニシアチブ」の一環で、工場ではファッション業界を変える試みだと期待している。

同社のジェームズ・アムバニ最高経営責任者(CEO)は「魚の皮革は、爬虫(はちゅう)類の皮革と同様にエキゾチックだ。ワニもヘビも絶滅の危機にひんしており、魚の皮革は代用品として優れている」と話す。

なめし工程ではまず、同国北部トゥルカナ湖で捕れたスズキ目の魚ナイルパーチの皮からうろこをはがし、バナナからの抽出物で臭いを取る。その後、生地を強くするため塩を振り、8時間以上浸しておく。

アムバニ氏によると、魚の皮革は靴、ジャケット、ベルト、ハンドバッグ、財布などに使われた。自動車メーカーからは、車の内装に使いたいとの声も寄せられているという。

同国のファッションデザイナー、ジャミル・ワルジさんは、この皮革を使った服でショーを開催。「欧州の素材と合わせて布を作り、服を仕立てる着想を得た。これまで見たことのない組み合わせで、革製品への見方が全く変わるようなものを生み出したかった」と話した。