[ロンドン 21日 ロイター] - 2015年に米歯科医に射殺されたジンバブエの人気ライオン「セシル」の子どもの雄ライオン「ザンダ」が、今月7日にハンターに射殺されたことが分かった。ザンダを追跡していた英オックスフォード大学のチームが明らかにした。

射殺場所はワンゲ国立公園のすぐ外で、セシルが死亡した場所にほど近い地点だった。公園外だったことから合法という。

同チームのデービッド・マクドナルド教授は声明を発表し「ザンダの死は、父親の死からほぼ2年目に当たった。この不気味な一致による悲しみがライオンの保護に対する国際的な注目のきっかけになれば、われわれの悲しみも報われるかもしれない」と述べた。