グラビア界に突如現れた超新星、藤崎里菜が、写真集「first」(講談社)を発売し話題になっている。Hカップの圧倒的なビジュアル、いまだプロフィルも知られていない彼女の“素顔”を直撃した。

電通OL」の肩書でヌードデビューしたのは今年3月末。きっかけはSNSなのだそう。

「私のSNSを見た事務所の社長がメッセージをくれました。(ヌードに)挑戦してみたいと言ったら1カ月後に撮影日が決まりました。そこまでは意気揚々でしたが、撮影日が近づくにつれて急に心配になり……女優さんのヌードをいろいろ検索しました。壇蜜さんは脱いでも知的で変わらない。安達祐実さん、吉高由里子さんも女優としての評価は高いし、イメージダウンになってないから大丈夫って、安心材料を探しましたね。結局、当日は楽しく終わりました。チャームポイントは“くびれ”かな。胸とおしりがボリュームあるんで、ぽっちゃりだと思われがちですが意外とくびれもあるんです!」

 ヌードグラビアが週刊誌に載った途端、社内は大騒ぎになったという。

「その日にバレました。偉いオジサンたちに呼ばれて、怒られるのかと思ったら、『君も頑張ってね』って応援してくださって円満退社。転職して1年で卒業しました」

 藤崎さんは短大の英文科を卒業後、事務職に就き、転職活動で大手代理店・電通の契約社員に採用された。

「友達には『どんなコネ使ったの?』って言われましたけど、何もなくて転職活動で数社受けた中の第1希望というだけです。テストもあるので地味に勉強しました。メリットといえば、合コンの反応は明らかに変わったかな。入社してみてパワハラはなかったです。でもお局にはいじめられたけど……わざと仕事を教えてくれなかったり、注意されたりで2カ月目に腸炎で1週間入院しました。でも、その後は強くなりました(笑い)」

 現在は事務の仕事に就き、さらに早朝バイトも始めたという。

「3食自炊、生活は変わっていません。今は朝6時からスーパーの品出しのバイト、そのあと一般事務をしています。会社の人にはグラビアのことはバレていません。今後は壇蜜さんみたいに『サンデー・ジャポン』(TBS系)のひな壇とかバラエティー番組に出たいです」