北朝鮮・平壌にある世界食糧計画(WFP)の工場に置かれた、粉末食品入りの袋(2011年4月27日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が殺害された事件をめぐり、北朝鮮とマレーシア両国が、自国に滞在する相手国の国民の出国を互いに禁止する中、国連(UN)の世界食糧計画(WFP)のマレーシア人職員2人が9日、北朝鮮を出国したことが分かった。

 WFPは声明で、「WFPの2人のマレーシア人職員が北朝鮮を出国し、本日、(中国)北京(Beijing)に到着したことを確認した」と述べた。

 さらにWFPの声明は「この職員たちは国際公務員であり、彼らの国の政府を代表しているわけではない。2人は北朝鮮でWFPの事業に携わっていた」と付け加えた。
【翻訳編集】AFPBB News