11日、広東衛視の番組内で、軍事評論家の張召忠氏が、日本の稲田朋美防衛相について「美しいので間違っても許される」と発言した。

写真拡大

2016年12月11日、広東衛視の番組内で、軍事評論家の張召忠(ジャン・ジャオジョン)氏が、日本の稲田朋美防衛相について「美しいので間違っても許される」と発言した。

番組では、閣僚や政治評論家など安倍政権を取り巻く女性には明らかな右翼的立場をとるという共通点があると指摘した。この点について尋ねられた張氏は、「安倍首相が推し進めるのは極端な右翼的政策だが、これをできるだけ軟化させる必要がある。たとえば防衛相の稲田朋美氏には専門家でないという指摘がある通り、ミサイルや船艦についてよく間違ったことを言う。もし専門家を防衛相にすると、視点はより強硬なものとなり、外界への刺激が大きくなり過ぎる」と分析。さらに、「このような“美女”、このような防衛相がまず相手に与える印象は美女と野獣だ。ひと目見ただけでは憎らしくは見えない。外見もなかなか美しい。年齢はいっているが、おしゃれだし、彼女の発言が専門的でなくても、多くの場合は彼女を許してしまう」と語った。張氏はこのほかにも、女性閣僚を起用することで支持率を高めようとする意図があるとも指摘している。

張氏はこれまでにも見当違いな発言をしていることから、ネットユーザーから「局長」のあだ名でやゆされているが、この発言に対しても「局長、まさか彼女が好きなのか?ははは」「張氏は美女を見るとすぐにおとなしくなる」など、からかうようなコメントが多数寄せられている。(翻訳・編集/北田)