中国共産党政権と強い繋がりを持つとされる通信機器大手・華為技術(ファーウェイ、Huawei)は、米グーグルと共同して、音声認識で操作するAI機器、スマートスピーカーを開発する計画があった。しかし、米政府が5月、安全保障上の懸念から、ファーウェイに対して輸出制限措置を講じたため、計画は頓挫した。ネットメディアのザ・インフォメーションが7月29日に報じた。報道によると、ファーウェイ製品として開発されたこのスマート