ネットで精子が買える時代だが…(写真はイメージ)

写真拡大

《赤ちゃん30人誕生。70名強に提供→180cm/A型/二重/院卒》
《大卒で体育会系、現在は制服職です。健康で高身長、スポーツ万能な遺伝子はいかがですか?》

【写真】こんなに!20〜30代中心の男性が素顔とプロフィールを見せる精子提供者マッチングサイトの画面

 ツイッター上でこんなプロフィールを公開する男性たちがいる。彼らが自らをアピールするのは恋人や結婚相手を求めるためではない。

 いま、インターネット上で子供を望む女性に対し、精子を提供する男性がいるという。この動きはSNSに留まらず、年齢、血液型、最終学歴などを選べるマッチングサイトも登場している。精子提供のマッチングサイト『ベイビー・プラチナパートナー』を運営するSさん(40代男性)はこう語る。

「もともとは私自身が精子提供をしていたのですが、依頼件数が増えて対応しきれなくなり、3年ほど前にサイトを立ち上げました。現在は3000人以上がドナー登録をしていて、月に60〜100件ほど、新規の問い合わせがあります」

 実は第三者から精子提供を受けて妊娠するという方法は、長く行われてきた。AID(非配偶者間人工授精)と呼ばれるもので、日本では1948年に初めて実施されている。

「日本産科婦人科学会の見解では、提供を受ける側は、法律的に婚姻している夫婦であることを示すため、医療機関へ戸籍謄本を提出することが望ましいとされています。つまり、既婚者でないとAIDは受けられないのです」(医療関係者)

 冒頭のようなインターネットを介した精子提供は、医療機関を通さないもので、つまり認められたものではない。一方で、取り締まる法律もない。“パートナーは必要ないが、シングルマザーで子供を産みたい”“同性婚で出産したい”という人たちが、あくまで自己責任の上で“強行”しているものだという。実際に精子提供を受けた神奈川県在住の女性Aさんが胸の内を明かす。

「35才になっても独身で、ここから恋人を探し、結婚し、妊娠と考えると、高齢出産になりリスクも増えていく。まだ見ぬ旦那さんを探すのにも疲れたときに、精子提供のことを知りました。排卵日に合わせて提供を受けるのですが、1回ではうまくいかず、7回ほど提供を受け、晴れて今年の5月に妊娠しました」

 また、別の女性Bさん(愛知県在住)は結婚しているが、夫の了承を得て精子提供を受けたと告白する。

「妊活中に夫が無精子症だとわかりました。AIDも検討しましたが、私の場合は2年待ちだと言われて。そのときすでに39才だったので、自然妊娠の可能性が高いうちにと思い、ネットで精子提供者を探しました。学歴、ルックス、血液型など、できるだけ夫に似ている人を選んだつもりです。子供はまだ1才ですが、夫は自分と同じ遺伝子を持つ実子のようにかわいがっています」

 女性が“精子の条件”を選べるのもメリットだという。年齢や血液型、最終学歴に留まらず、身長や体形、スポーツ経験の有無、さらにはまぶたが二重かどうかなど、精子提供者の中には詳細なプロフィールを明かしている人も少なくない。なかには、有名タレントやスポーツ選手に似ていると自称する人もいる。

 実際、わが子に「優秀な遺伝子を」という意識で精子提供を受ける女性もいる。都内在住のCさんは、まだ20代半ばだが、SNSで提供者を吟味していると真剣な眼差しで語る。

「普通の恋愛結婚だと、優秀な遺伝子を選ぶことは難しいですよね。相手が自分のことを好きになってくれるとは限りませんから。でも、SNSや精子提供のマッチングサイトなら、多くの男性を見比べて遺伝子を自由に選べる。私はイタリア人で身長180cm以上で、IQも130以上のイケメンの子供を産みたいんです」

 前述のように、日本産科婦人科学会では独身女性への精子提供を禁じているが、罰則がなく、あくまで「見解」であるため、SNSなどでは無法地帯となっている。同学会は営利目的での提供も同様に禁止しているが、「提供者は“手数料”として、だいたい1万円から2万円ぐらいの料金を取っていると聞いています」(前出・医療関係者)というから、女性側としては、精子を買っているという感覚にもなる。

※女性セブン2020年10月29日号