神経ガス「ノビチョク」で殺されかけたロシアの反体制活動家アレクセイ・ナワリヌイ氏(EPA=時事)

写真拡大

 恐るべき毒物を用いた事件が、またしても現実に起こってしまった──。8月20日、ロシアの反体制活動家アレクセイ・ナワリヌイ氏がモスクワに向かう機中で突然意識を失い、家族の強い意向で、ドイツのベルリンの病院に移送され、毒物検査を受けた結果、猛毒の神経剤ノビチョクが使われた明白な事実が判明した。

 ドイツのメルケル首相はじめ、スウェーデンやフランス政府はこの事実を受け、ロシア政府に対して激しく抗議する声明を出した。ネット上で公開された機内でナワリヌイ氏がうめき声をあげている映像はあまりにも衝撃的だ。ただ幸いなことに現在ナワリヌイ氏はやっと自力で呼吸ができるまでに回復し、コメントを発表するに至った。

 神経剤ノビチョクは、英国で2018年、元ロシア情報員で英国の二重スパイだったセルゲイ・スクリパリ氏とその娘が襲われた事件でも使われている。英政府はロシア当局が親子を襲撃したと非難したが、ロシア政府は関与を否定した。

 平和な日本では馴染みの薄いノビチョクだが、国際社会での注目度は高い。そのノビチョク事件を予見していたかのような描写が、小説の中にも登場している。

〈「では、正体は」
 ──神経剤です。
 「確かですか」
 ──ええ、これはバイオ兵器の一種とみなしてよいと思います。
 「その殺傷能力について、たとえばVXガスと比較するとどうなりますか」
 ──致死性については、約五倍、ソマンと比べた場合は十倍です。おそらくこれは、通称ノビチョクといわれているものの改良版でしょう。
 ノビチョクという言葉を聞いて、吉良の口から、
 「ロシアですか」とひとことこぼれた。
 ──ご存知でしたか。
 「北大西洋条約機構が使っている検出装置にはひっかからないように作られた神経剤ですよね」[中略]
 なるほど。これで、刑事部と科捜研で起きていた事態は明確になった。何度やっても不可解な答えがでるので、科捜研はなかばパニックになり、それを水野が頑張れと叱咤激励して、時間ばかりがいたずらに過ぎた。〉(小説『DASPA 吉良大介』より)

 これは奇しくも7月に刊行されたばかりの榎本憲男氏の小説『DASPA 吉良大介』(小学館文庫)の一節で、東京・中目黒のマンションに住む白人男性が突然意識を失い死亡した事件が、ノビチョクによるものだと判明した場面である。

 そもそもノビチョクとは旧ソ連で開発された化学兵器であり、当時のNATO(北大西洋条約機構)の化学物質検出装置で検出されないように作られたと言われ、原因の特定が難しい。上記のシーンでは、毒物の解析をめぐって、警視庁刑事部と公安部の「縦割り」の弊害についても描写されている。

『エアー2.0』や『巡査長 真行寺弘道』と言った話題作を発表し続けている榎本氏の最新書き下ろし小説『DASPA 吉良大介』は、テロをはじめとした国家の非常事態に的確に対応するため内閣府に設置された各省庁からの選抜精鋭チームDASPA(国家防衛安全保障会議)の一員に選ばれた警察キャリア官僚・吉良大介が、日本国内で発生したノビチョクによる暗殺事件をめぐって、「縦割り」を打破し、真相を暴き、国家の危機に立ち向かうというストーリーだ。

〈「まずこの事件で、我が国の安全保障の危険水域が上がったことをアピールするんです。ロシアのGRUが国外で殺人を犯すという事件はありました。ただこの手の殺しはすべてヨーロッパ圏内でおこなわれています。日本にとってはこれが初のケースです」
「それでこの事件をDASPAの案件にしろってか。それは結構ハードルが高いぞ」
「けれど、事件の端緒をつけたのは紛れもなくDASPAですよね。DASPAの科学兵器開発班がノビチョクだと見破ったんです」〉(小説『DASPA 吉良大介』より)

 はたして今の日本で同様な事件が起きてしまったら、迅速かつ的確に対応できるのだろうか? 榎本氏はこう分析する。

「できないでしょう。極東の島国である日本は、距離によって安全が保たれていた部分は確かにあったと思います。そして、それは日本人に安心感を与えてきた。けれど、こういう密かな暗殺計画には、距離による安全はほとんど機能しません。さらにインターネットによる攻撃はこの距離を一気につぶしてしまいます」

 榎本氏といえば、2015年に『エアー2.0』によってオリンピックに向けて建設中の新国立競技場の爆破事件をテーマに近未来社会を描き、大藪春彦賞候補になるなど、時事的なテーマを先見的な視点で描いた斬新な作品を発表し続けている。

 そして今回も、ノビチョク事件を予見するかのようなタイミングでの新作刊行となった。いずれにしても事件が起きないに越したことはないが……。