中国人観光客に人気のスポット(時事通信フォト)

写真拡大

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスは、世界中に感染者が拡がり、警戒が強まっている。このまま2003年のSARSウイルスや、2015年の韓国・MERSウイルスを超えるパンデミック(感染爆発)へと突き進んでしまうのか──日本ではどのような危機が迫っているのか。

◆「スーパー・スプレッダー」の恐怖

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が止まらない。当初の「感染は限定的」との見方は一転し、中国政府は「人から人へ」の感染を認めた。27日からは中国から海外への団体旅行も禁止した。中国国内の発症者数は2000人を超え、死者は56人に増えている(1月26日時点。以下同)。

 感染は中国本土以外にも飛び火し、日本で1人の発症が確認されたほか、タイ、韓国、アメリカ、台湾、香港、マカオでも感染者が出ている。関西福祉大学教授で渡航医学が専門の勝田吉彰氏が指摘する。

「武漢市が公式発表したのは“入院レベル”の患者数で、症状が軽いため感染に気づいていないケースを含みません。

 2003年のSARSウイルスの流行では、感染者8000人超、死者774人を出しました。今回の新型でも、感染者がさらに増える可能性は十分あり得る」

 懸念されるのは、1月24〜30日の「春節(旧正月)」にともない、多数の観光客が中国の国内外に移動することだ。

 海外への団体旅行は禁止されたとはいえ、春節期間中は個人旅行での海外旅行者が増える。中国大手旅行会社によれば、人気旅行先のトップは「日本」で、例年ならば70万人超が訪れている。当然、感染者が日本に入国するリスクは高まる。勝田氏が続ける。

「最悪のシナリオは、日本国内に『スーパー・スプレッダー』が現われることです。感染者1人が、他の10人以上にウイルスを広げる感染源になることを指します。2003年のSARSウイルスや、2015年に韓国で流行したMERSウイルス(感染者2400人超・死者858人)でも複数のスーパー・スプレッダーが確認された」

 とくにSARSでは、100人以上に感染を広げた患者もいたと報じられた。新型コロナウイルスについても、中国国家衛生健康委員会の専門家グループ長が「1人の患者から医療関係者14人が感染した例があった」と明らかにしたという。

※週刊ポスト2020年2月7日号