体調を崩しやすいこの時期におすすめしたいのが、体に優しいうどん。しかも電子レンジでチンするだけでつくれるレシピがあるんです。

ツイッターで日々すさまじい勢いでレシピがリツイートされている、料理コラムニストの山本ゆりさんに、お手軽うどんレシピ2つを紹介してもらいました。

塩ラーメン風の味わいがクセに!塩ダレうどん




食べる器でつくるから洗い物も少ない食べる器でそのままつくるのが山本さん流! 洗い物も減ります。
飲み干したくなるスープにはニンニク、ショウガを入っており、体ぽかぽかの一品。

下で紹介しているレシピの加熱時間は600Wを基準にしているので、500Wの場合は1.2倍、700Wの場合は0.8倍を目安に加熱してください。

【材料(1人分)】

・冷凍うどん 1玉
・豚バラ薄切り肉 40g
・A[顆粒鶏ガラスープ小さじ2 水1カップ ニンニク(チューブ)、ショウガ(チューブ)各少し]
・ゴマ油 適量
・粗びきコショウ(黒)、いりゴマ(白)、万能ネギ(小口切り) 各適量


【つくり方】


(1)耐熱性のどんぶりに3cm長さに切った豚肉とAを入れる。「ここでニンニク、ショウガが多いと味がぶち壊しになるので、入れすぎたら菜箸で奪い返して」と、山本さんからのアドバイス。


(2)水にくぐらせたうどんをのせ、ふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で5〜6分加熱する。


(3)(2)のラップを外し、よく混ぜる(加熱後は器がたいへん熱くなっているためやけどに注意)。ゴマ油をたらしてコショウ、ゴマ、万能ネギを散らす。

[1人分477kcal]

素材のうま味が活きる!キャベツとベーコンのつゆ油うどん




「ゴマ油は量らなくても心の小さじでOK! バターに変えても美味です」と紹介してくれたキャベツとベーコンのつゆ油うどんは、少なめのタレがしっかりとうどんにからみ、素材のうま味が引き立つ一品。

【材料(1人分)】

・冷凍うどん 1玉
・キャベツ 1枚(50g)
・ベーコン(スライス・ハーフ) 1枚
・めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ1
・ゴマ油 小さじ1
・粗びきコショウ(黒・あれば) 少し


【つくり方】


(1)耐熱性の器にめんつゆ、ゴマ油を入れる。めんつゆは3倍濃縮なら大さじ1より少し少なめ、ストレートなら倍量にするなど調整を。


(2)ちぎったキャベツと1cm幅に切ったベーコンを重ねたあとに凍ったままのうどんをのせる、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で4分ほど加熱する。うどんは調味料に触れていなくてOK。

(3)(2)のラップを外してよく混ぜ、コショウをふる。

[1人分356kcal]

※電子レンジで加熱する際は、付属の説明書に従って、高温に耐えられるガラスの器やボウルなどを使用してください
※電子レンジの機種や、肉等の素材の大きさにより、表記の加熱時間で中まで火がとおっているか確認し、とおっていないようであれば、様子を見ながらさらに加熱してください
※液体を電子レンジで加熱した場合、取り出して混ぜるときに、場合によって突然沸騰する(突沸現象)可能性があります。できるだけ口の広い容器に入れ、粗熱をとってからレンジから取り出すなどご注意ください

<レシピ/山本ゆり 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>