※イメージ画像:『BOMB 2014年7月号』学研マーケティング

写真拡大

 先日の『AKB48選抜総選挙』で4位に選ばれたSKE48の中心メンバー・松井珠理奈(AKB兼任=17)が“文春砲”の餌食になった。発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が、運営サイドから特別待遇を受けているという彼女が日常的に深夜まで超高級飲食店で食事し、芸人・バンドマンとも遊んでいると伝えており、ファンから驚きの声が上がっている。

 記事によると、松井は選挙四日前の6月3日に東京・麻布十番にある一食2万円は下らない高級ステーキ店で深夜0時30分まで食事を楽しんでいた。帰りは運営側が用意したと思われる送迎用の専用車に乗って帰宅したという。この日だけでなく、超高級イタリアンや焼肉店の前に専用車で乗り付け、運営幹部と深夜1時を超えるまで食事をしていることもあったようだ。

 同誌は「運営側も日常的な深夜外出を容認している」と指摘し、運営サイドの未成年メンバーの管理の甘さを批判している。また、松井は送迎車だけでなくコンシェルジュ付きのデザイナーズマンションが与えられるなど特別待遇を受けており、SKEのメンバーたちが大型バスで東京まで移動する際も松井は新幹線を使っていたという。

 松井といえば08年に11歳でSKE48に加入し、同年に発売されたAKB48のシングル曲「大声ダイヤモンド」で早くも選抜&センターに抜擢。総合プロデューサーの秋元康氏が「10年に1人の逸材」と公言するなど、明らかに運営の強力な“推し”が目立っていた。その甲斐あってSKEだけでなくAKBの中心メンバーの一人になるまで成長したが、彼女の人気が高まったのは「スキャンダル処女」だったことも大きな要素。もし運営サイドに大事にされて“勘違い”するようになっても、プロ意識がしっかりあれば問題はない。AKBグループの人気メンバーに次々とスキャンダルが発覚しても、彼女だけはストイックにアイドル活動に専念しているように見えていた。

 ところが、記事では関係者が「芸人やバンドマンとも随分遊んでいます」と証言。ほかのメンバーならいざ知らず、松井だけは“裏切らない”と思い込んでいたファンに衝撃が走った。ネット上では、すでに松井と交遊しているバンドマンの名前が真偽不明ながらあがっており、松井ファンとバンドのファンが騒ぎたてる事態まで起きている。

「松井が5人組ビジュアル系バンド・SuGのファンということは有名で、特にボーカルの武瑠がお気に入り。一人でライブ会場に来ている姿が何度も確認されています。当然、バンドメンバーも松井を認識しており、彼女が楽屋に入っていく姿が目撃されたとの情報もある。まだ未確認ではありますが、もしバンドマンと遊んでいるとすれば最も可能性が高い」(週刊誌記者)

 単にファンというだけでなく、バラエティの企画で松井が男装した際に武瑠そっくりの姿になり、ポーズまで真似していたということも疑惑を強める要素になっているようだ。また、松井の親友のアイドルがバンドメンバーと交際しており、仲介役になったというウワサもある。わずか17歳にして高級店で深夜まで幹部の大人たちと食事し、男遊びも盛んにしているとなればイメージが失墜してしまう可能性もありそうだ。

 また、同誌ではHKT48の村重杏奈(15)とジャニーズJr.の阿部顕嵐(16)の深夜の密会も報じられている。深夜2時に新宿区の戸山公園でデートしていたといい、ツーショット写真も掲載された。ベンチで寄り添いあうなど10代らしい微笑ましい様子だったそうだが、東京都の条例では18歳未満の23時以降の外出は制限されており、補導の対象となる。

 村重は12日付けのGoogle+で「ご心配おかけしました。ごめんなさい」と謝罪し、記事が事実であると暗に認めた。前述の松井の件も含め、多くの未成年を預かっている運営サイドの管理責任が問われることにもなりそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)