非常に珍しいという全身真っ黒なキタキツネが、北海道斜里町内の山中で見つかり、ネット上でも関心が高まっている。

そんな中で、一部の人たちは、あることを連想したようだ。「黒キツネ祭りだ......」。

自然変異したか、カナダ産の遺伝子残っていた可能性

何かを警戒するかのように、林の中の舗装道路の上に立って左の方向をじっと見る。すると、1秒も経たないうちに体を完全に左に向け、さらに、逃げるように右にくるっと向きを変えた後、そのまま走り去って行った。後は、強い風の音が聞こえるばかりだ。


動画に映った黒いキタキツネ(以下、斜里町立知床博物館提供)



黒いキタキツネを映した16秒の映像は、斜里町立知床博物館がユーチューブ上で2017年10月2日に投稿した。

発見のきっかけは、偶然だった。博物館がエゾタヌキの生息を調べようと、9月23日に町内に無人の自動カメラを設置したところ、15時ごろに体長1メートル余りの黒いキタキツネが映っていた。

博物館によるフェイスブック上の説明によると、黒色が混じったキタキツネは見たことはあるが、全身真っ黒は初めてで、最初は犬かと思ったそうだ。

博物館の村上隆広学芸員は10月5日、Jタウンネットの取材に対し、黒くなった理由についてこんな見方を示した。

「1つは、大正から昭和にかけて、毛皮を採るためにカナダから取り寄せて養っていた黒いキツネの遺伝子が残っていて、それが変わり種として出て来た可能性です。多くときは19か所で養っていたと聞いていますが、その一部が逃げ出して野生化し、もともといたキタキツネと交配して遺伝子が残されていたというわけです。もう1つは、もともとキツネは体の色にいろいろなバリエーションがあり、その中で、頻度はかなり低いものの、自然変異で黒い個体が出て来た可能性があります。もちろん、突然変異の可能性はゼロではありません」

「発見場所に行きたい」との問い合わせは断る

過去には、北海道十勝地方の更別村内で黒いキタキツネが写真に撮られたケースがあるが、200キロ以上も離れており、同じ個体の可能性はほぼないという。

今回の発見で、知床博物館には、「その場所へ行きたい」「写真を撮りたい」と問い合わせが来ているが、動物の生息に影響が出かねないため、場所は伝えられないと断っているとした。今後の調査は、今のところ考えていないが、何かのきっかけがあれば行うこともあるかもしれないとしている。

動画の映像について、ツイッターなどでは、「毛並みが美しい」「黒のキツネなんて居るんだね〜」などと感嘆の声が上がる一方、こんな感想を漏らす人もいた。

世界的な人気を集める女性3人組メタルバンド「BABYMETAL(ベビーメタル)」が、17年夏から「キツネ祭り」とうたった全国ツアーを続けている。その中で、男性限定の「黒キツネ祭り」というライブもあったため、連想してしまったらしい。