ここ数年で、パッカブル仕様のジャケットって増えた感があります。

たしかに小さく畳めるジャケットは便利です。出張は言うに及ばず、プライベートな旅行でもジャケット着用シーンはあります。日常でもシワを気にしなくていいっていうのは大きなアドバンテージになるので、ワードローブの一角として重宝するんですよね。

ただ世の中のパッカブルジャケットの多くが、“いかにもパッカブルジャケット”ってルックスなんですよね。ストリートな雰囲気が漂っていたり、徹底的にミニマルだったり。

そこで「Timone(ティモーネ)」のパッカブルジャケットです。

カテゴリーとしてはあくまでカジュアルジャケット。ですが、高めに設定されたゴージライン、本切羽、焼き水牛ボタン、センターベンツ、裏パイピングと正統派なエッセンスが散りばめられています。こういう細部が醸し出す雰囲気が、カチッとした全体像を作っているんですね。カジュアルの中でも、少しだけフォーマル寄り。そんな絶妙なところにあるジャケットです。

シルエットも極端な部分はなく、ちょいスリムぐらい。生地は伸縮性とシボ感に特徴がある、ナイロンとポリウレタンの混紡を採用。肌触りも着心地もいい感じ。

公式オンラインショップで購入可能です。

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。