悩んでいても脂肪は減りません!痩せない人にありがちな原因4選(photo by Syda Productions/Fotolia)

写真拡大

【ダイエット/モデルプレス】ダイエットしてるつもりでも、なかなか痩せないと言う人は一度厳しく自分の生活や習慣を見直すことから始めましょう。

【他の記事を見る】ブス脚でいいの?むくみをリセットするストレッチ4選

♥自分へのご褒美が多い


何かと理由をつけて自分へご褒美をあげていませんか?

「昨日頑張ったから!」という理由ですぐにハイカロリーな食事を食べてしまったり、スイーツを食べてしまったり…。

ダイエットにメリハリをつけるために自分へのご褒美は大切です。しかし、それが多すぎては意味がありませんよ。

自分へご褒美をあげるなら、食べ物ではなくキレイになれるためのコスメや可愛い下着や服などにしましょう。

痩せてキレイになるためのモチベーションもアップしますよ。

♥栄養バランスが悪い


ダイエット中の食事でカロリーばかり気にして、栄養が不足していませんか?

確かにオーバーカロリーはおデブの素ですが、栄養が偏ってしまっては代謝が下がってしまったり、便秘になってしまうことも。

それに、痩せるためにもエネルギーが必要なので、闇雲に摂取カロリーを減らしてしまっては、体が少ないカロリーで体を維持しようと代謝を下げて脂肪が燃えにくい省エネモードになってしまうので、痩せにくく太りやすくなってしまいます。

ダイエット中は、ビタミン、食物繊維、鉄分、タンパク質を積極的に摂るようにしましょう。

♥体が冷えている


とくに女性は冷え症の人も多いと思います。

しかし、体温が下がってしまうと代謝も落ちて痩せにくくなってしまいます。さらに内臓の活動も低下してしまうため、便秘やむくみなどの症状が現れる場合も。

冷え症の人はもちろんですが、普段の生活で冷たいドリンクばかり飲んでいたり、お風呂はシャワーだけで済ませていませんか?

体温が1度上がるだけで代謝が約20パーセント上がると言われています。

ドリンクはできるだけホットが常温のもの、お風呂も1日5分でいいので湯船に浸かるようにしましょう。それだけで随分と違ってきますよ。

♥ながら食べが多い


テレビや雑誌などを見ながら食事をしていませんか?

食事の時に他の注意が向いていると、だらだらと食べ過ぎてしまう傾向にあります。

なぜなら噛む回数が無意識のうちに減り、満腹中枢が上手く刺激されないことによって、食事の対する満足感が低下してしまうため。

そのせいで食べ過ぎたり、食事のあとに間食に手が伸びてしまうんです。食事のさいは、食べることに集中ししっかりと味わいながらよく噛んで食べましょう。

そうすることで満足感・満腹感が得られ食べ過ぎや間食を減らすことができますよ。

いかがでしたか?

痩せない痩せないと悩んでいても脂肪は減りません!理由をしっかりと自覚することから始めましょう。(modelpress編集部)