高木豊

写真拡大

 いよいよ球春到来だが、グラウンドを去ったOBの中には“野球ユーチューバー”としてひと稼ぎしている者もいる。その草分けと評されるのが元大洋の高木豊(61)。聞けば恩人に不義理を働き、「カネ返せ!」と憤慨させているという。

 ***

 高木といえば大洋時代、俊足の3選手“スーパーカートリオ”の一角として鳴らした。1994年に引退後は野球解説者や横浜のコーチなどをつとめ、4年前に突然、札幌はススキノでガールズバーを開業。だが、

「1年くらいでやめちゃいましてね」

 とは、さる知人。

「女性関係が原因で奥さんとも別れ、随分落ち込んでましたよ。でも2年前に始めたYouTubeがブレイクして大復活。いまは元気に六本木で飲み歩いてます」

高木豊

 高木のYouTubeとは、彼が球界からゲストを招き、気ままによもやま話を語るというもの。原辰徳、掛布雅之、谷繁元信といった大物が出演する動画を500本以上も並べ、20万人のチャンネル登録者がいるが、

「金銭面で世話になったA氏を切り捨て、訴えられそうになっています」(同)

 一体、何があったのか。映像関連の会社を営むA氏を訪ねると、怒りに震えながら語り始めた。

「昨年7月ころ、高木さんがYouTubeを始めた際のパートナーだった人物から、『法人化して事業を拡大したいので協力を』と誘いを受けました。高木さんも積極的で『いずれは2億円貯めてマレーシアに移住したい』などと夢を語る。ならばと昨年10月、私が出資し、高木さんにも株を持ってもらって会社を立ち上げたんです。高木さんは元ロッテの里崎智也さんと元阪神の片岡篤史さんも仲間に引き入れました。里崎さんのチャンネルは一気に登録者数が増え、出だしは順風満帆でした」

キャバクラ代まで

 ところが1カ月後の11月初旬、A氏は高木からこう切り出されたという。

「『一緒にやってて楽しくないからやめたい』って。そりゃ唖然としましたよ。そしてチャンネルの管理権限を勝手に持ち出し、里崎さんらとともに去ってしまったのです。彼と一緒だった3カ月間のキャバクラ代などの飲食費も、すべて私が支払っています。頭にきて、過去に負担した経費約450万円を請求しました。でも、年末に75万円が振り込まれただけです」

 さらにA氏を怒らせたのは、次なる事実だった。

「高木さんは私にやめると通告する前日、別のパートナーと新たにY社を立ち上げていたことが最近になってわかりました。私からスタートアップ時の経費をせしめて騙した詐欺も同然。おなじ目に遭った被害者は他に何人もいる。刑事告訴も視野に入れています」

 高木は月収300万円に達するYouTube長者だというから、これはA氏が息巻くのも当然である。

 高木を直撃すると、

「会社に聞いて」

 と言うばかり。そこでY社の社長に質すと、

「Aさんによるビジネスの構想は素人っぽく、資本金も満足でなくて実現可能性に乏しいと映りました。Aさんとは契約書も交わしておらず、瑕疵はないと考えます。ご請求の金額については話し合いに応じるつもりですが、先方が連絡に応じてくれず困っています」

 よもや現役時代に見せた俊足で逃げきるつもりではあるまい。

「週刊新潮」2020年2月20日号 掲載