中国メディアの騰訊体育は5日、韓国のSBSテレビの報道を引用し、韓国の平昌五輪組織委員会が「スノーボードおよびスキー・フリースタイルの競技会場変更案を撤回する」と発表したことを伝えた。(写真は騰訊体育の5日付報道の画面キャプチャ)

写真拡大

 中国メディアの騰訊体育は5日、韓国のSBSテレビの報道を引用し、韓国の平昌五輪組織委員会が「スノーボードおよびスキー・フリースタイルの競技会場変更案を撤回する」と発表したことを伝えた。さらに、組織委員会の発表に対し、韓国ネット上では「怒りが収まらない状態」と伝え、「平昌冬季五輪は100%失敗する」などといった声があがっていると紹介した。

 記事は、平昌五輪が予算不足に直面していることを紹介し、韓国文化体育観光部が経費節約のためスノーボードおよびスキー・フリースタイルの競技会場を変更する案を提出していたことを紹介。

 一方、「会場変更案が撤回され、建設中の複数の会場も2016年のテストまでに竣工できない可能性がある」と伝え、平昌五輪が果たして無事に開催できるのか大いに疑問だと指摘した。さらに、会場変更案が撤回された理由については明らかになっていないと紹介した。

 続けて、国際オリンピック委員会(IOC)がこのほど2020年東京五輪組織委員会が提出したバスケットボールなど3つの競技会場の変更案を承認したことを紹介し、「東京五輪は変更案によって約1000億円の経費を節約できることになった」と伝えた。

 平昌五輪の会場建設をめぐるトラブルについて、記事は韓国のネットユーザーから批判の声が殺到していることを伝え、「なぜ平昌五輪組織委員会は日本に学ばないんだ!」、「平昌五輪は仁川アジア競技大会より酷い結果に終わるだろう」、「平昌五輪は100%失敗だ!」といったコメントを紹介。

 そのほか、多くの韓国人ネットユーザーが日本に対して敬服の意を示しているとし、「客観的に言って、1970年代と90年代に2度の冬季五輪を成功させた日本は本当に凄い。韓国の能力は日本とは比べ物にならない」、「韓国は身の程をわきまえる必要がある。日本が五輪を成功させたからといって、韓国も五輪を成功させることができるわけではない」といった声があがっていると紹介した。(編集担当:村山健二)(写真は騰訊体育の5日付報道の画面キャプチャ)