火山が噴火の際に身を守る噴石シェルター 10火山のみ設置の裏に維持費等の負担の重さ

ざっくり言うと

  • 噴石から登山者を守るシェルターがある活火山が、国内には10火山しかない
  • 一時的には有効とされるが、自治体は設置、維持の費用負担は重いとしている
  • 御嶽山にはシェルターがなく、死亡者の多くは噴石が当たった「損傷死」

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング