ダウンタウン松本の“伝説”となった行動を浜田が暴露

写真拡大

16日に放送されたTBS系『水曜日のダウンタウン』に出演したダウンタウンの浜田雅功が、相方・松本人志の過去の行動を語った。

番組では、小籔千豊が「みなさん、収録でもロケでも営業でもいいんですけれども、いざ本番当日行ってみたら『聞いてた話とちゃう』っていう経験ございますか?」と仕事の内容が事前に聞いていたものと違っていたという経験について話を振った。

出演者たちが「ありますよ」などと声をあげる中、浜田は「松本さんよく帰ってましたよ」とそういった場合、松本は仕事をせずに帰ってしまっていたと明かし、小籔も「僕も伝説は聞いております」と発言。

浜田が「『ごっつ』の時は特に」と過去のバラエティー番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』を挙げると、劇団ひとりは「帰るなんかとんでもない」「絶対ありえないですよ」と笑顔でコメントした。

これに松本本人は「それは本当に(美術)セットが悪いんじゃなくてやる気がなかったってこと」「やる気をちょっとセットのせいにして帰るっていうのが“松本あるある”ではある」と話し、笑いを誘った。

過去について暴露された芸人は他にもおり、以前テレビ番組でフットボールアワー・後藤輝基から尖っていた時代のエピソードを披露された、千鳥・大悟は「本当にあの時の大悟1番殴りたいわ」と自身の若かった頃の態度についてコメントしていた。