[写真]重盛さと美似という相手女性の似顔絵を手に語る昴生(右)。弟、亜生は大爆笑だった=7日夜、大阪市内で(撮影:柳曽文隆)

写真拡大 (全4枚)

 兄弟お笑いコンビ「ミキ」の兄、昴生(32)が7日夜、一般女性と1日に入籍したことを発表し、大阪市内で報告会見を行った。女性とは交際9年目で、弟で相方の亜生(29)とコンビを組むように勧めたキーパーソンであることを明かし、昴生は「ここからは『三人四脚』で力を合わせていきたい」と話していた。

女性が「コンビを組んだら」とミキ結成を勧めた

 会見には亜生も同席し、多くの報道陣の前で結婚を報告した昴生は「大阪に出てきたばかりのころ、知り合いの居酒屋の常連同士として出会い、すぐ好きになりました。それで付き合って今年で交際9年目になりました」と照れくさそうに女性との馴れ初めを話した。

 亜生は大阪に出てきた際、昴生と女性が住んでいた家に転がりこみ3人で共同生活を開始。昴生と亜生がコンビを組むことなど意識していない時に「コンビを組んだら」と勧めたことが、ミキ結成の大きなきっかけになったという。

東京ディズニーシーで「結婚しようか」とプロポーズ

 昴生は2年くらい前から結婚を考えていたが、昨年はM-1グランプリで好成績を残し、今年は全国ツアーも始まったことから「そろそろ家庭を持ってもいいかなと自分の中であった。(交際)10年目に突入したら具合悪いなと思った」と結婚を決意した時の様子を語った。

 今年の春に、自分の大好きな「東京ディズニーシー」でお気に入りのショーを見た後に「結婚しようか」とプロポーズ。今月1日に大阪市内で婚姻届を提出した。

「芸人辞めろ」とか言わずにきてくれた

 女性は年上のネイリストで、会見では名前を「マミちゃん」と明かした。昴生は「9年付き合っているうち、6年はご飯が食べられずフリーターでフラフラしていても、『芸人辞めろ』とか言わずにきてくれた。漫才で食べられるになった時は『そんなん全然なると思ってたよ』と言ってくれました。常に笑顔でプラス思考な人です」とのろける場面も。

 亜生も「お兄ちゃんはプライベートで遊びに行くとかはせず、マミちゃんはそれを耐え忍んだ。この人しかいない。『別れたら軽蔑するで』と言ってました」と結婚前を振り返った。

この結婚を機に「三人四脚」で

 この結婚を機に昴生は「今までは(コンビで)二人三脚でしたけど、もう僕の奥さん、マミちゃんが来て、ここからは三人四脚で力を合わせていきたい」と力強く語っていた。