エイバル、乾貴士と2021年までの契約延長提示 「2月中の合意狙う」とスペイン紙報道

写真拡大

左サイドのレギュラーとして最大限の評価 「現チームで最も優秀な選手の一人」

 日本代表MF乾貴士は、現在所属するエイバルとの現行契約が2018年6月30日までとなっており、今後の去就が注目されている。

 そうしたなかでスペイン最大級の全国紙「マルカ」が、クラブ側は2月中に2021年までの契約延長を目指していると報じている。

 今週行われた同クラブのフラン・ガルサルサSDの記者会見で、同SDが「代理人と2回にわたるミーティングの場を持った。ただ彼の市場価値は高いから簡単なものではない」と話したことが、現地でも話題になった。ただしクラブ側としては、左サイド2列目のレギュラーに定着した乾を最大限評価しており、慰留に努めようとしている模様だ。

 同紙は「加入直後こそ疑問符をつけられていたが、スペインサッカーで3度目の良好なシーズンを迎え、その疑問を解消した。日本人選手は現チームで最も優秀な選手の一人」と、コンスタントにチャンスメイクする乾のプレーぶりを評価。また「エイバルが彼を保有することで得られる経済的な額も、正当化される以上のものだ」と、日本市場に向けたアピール度の高さについても触れている。

 そして交渉の進捗状況についても、次のように記されている。

「クラブ側は2月までに合意に達したい意向」

「エイバルは日本人アタッカーとの契約延長にほぼ近づいていて、クラブ側は2月までに合意に達したい意向のようだ。そして2021年までクラブの一員でい続けることを発表したい模様だ」

 この文面によると、エイバル側はさらに3年の契約延長を提示しようとしている。乾は今年6月に30歳の誕生日を迎えるが、今後もスペインの舞台で十分に活躍できると踏んだクラブ側の誠意に、どのような決断を下すのか。その去就に注目が集まる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images