“見えない家事”という言葉があります。家事の代表格である料理や掃除、洗濯といった代表的なカテゴリーに入らない細かい家事の総称で、その代表格なのが、使い切ったトイレットペーパーやシャンプー、ハンドソープなどの交換。作業自体は何でもないことですが、それが重なると面倒くささが倍増し、地味にストレスとなります。これらの“交換家事”はなぜこんなに面倒くさいのでしょうか? 皿洗いや掃除よりもトイレットペーパー