意味不明!?な回答を連発した桜庭

 桜庭が総合格闘技界の“長州力”を目指す。前日3日、『HERO'S 2006』(代々木競技場第一体育館)のリングでHERO'S電撃参戦を明らかにした桜庭和志が4日、都内で緊急会見を行い、HERO'S参戦への経緯と意気込みを語った。

 HERO'S電撃参戦を表明して一夜明け、谷川貞治K-1プロデューサ、前田日明スーパーバイザー(SV)とともに会見会場へ姿をみせた素顔の桜庭。HERO'S参戦へ至った経緯は、自身の格闘人生、ひいては格闘技界を見据え、「悩み死にした」末の結論だったことを明かした。

酔っ払いながら…
 桜庭がHERO'S参戦を決めたのは、谷川氏がK-1ラスベガス公演から帰国後に対面したときのことだったという。当時の様子を谷川氏は、「桜庭選手から『HERO'Sへ行きます』と。酔っ払いながらだったので本当かどうかという感じでした。目も心持ち赤かったし」と桜庭が悩み抜いた末に出した結論であったと振り返った。また、一部で“引き抜き”との憶測が飛んでいることに関しては、「フリーになる前には接触していない」と否定。さらに「フリーになった後、桜庭選手と会った時もHERO'Sでやるとは10%も(可能性が)無かったと思う。『好き好き』とラブコールだけは送り続けていたが」とコメントした。

長州さんみたいに
 気になる桜庭の今後については、自身の道場立ち上げへ意欲を示しているが、HERO'Sでの初試合などに関しては「急に決まったことなので、まだ何も決まっていない」(谷川氏)。また、今後の格闘人生について桜庭は「昔、長州(力)さんがやられたように、(団体の枠を超えて活動し)活気づいていた。僕もそうなれれば」と総合格闘技界の“長州力”になることを宣言。日本格闘技ブームの立役者、桜庭が、PRIDEとK-1の行き来をも視野に格闘技界に新たな風を巻き起こすのか。彼の動向に、しばらくは目が離せそうにない。

 同席した前田SVも「日本で総合が根付いたのは彼のおかげ。選手としているうちは100%の力を出せる環境を作ってあげたい」と全面バックアップを約束。そして「次の世代へ“こいつは”と思う人材にバトンタッチしていく役割を彼には担って欲しい」と“ポスト桜庭”の育成へも期待を寄せた。

【会見での一問一答】

--今後、練習はどこの道場で
(隣の谷川氏を横目に)それはK-1が責任を持って用意するんじゃないですか?

--次の試合はいつ頃をメドに
そこまで詳しい話はしてないんですけど、今のところは8月をどうやってかわすか、それでいっぱいいっぱいです

--決心するのに至った理由は
谷川さんに“好き好き”言われたので、僕も好きになった(笑)

--誰と対戦したいですか
ブラック・マンバ

--PRIDEに対しては
色んな意味で感謝の気持ちでいっぱいです。高田道場の皆さんに対しても感謝してます

--どんな選手を育ててみたいですか
ブラック・マンバ

--8月にトーナメントがありますが
<谷川氏>個人的には出て欲しいが、まだ話はしていない
<桜庭>ブラック・マンバ選手だったら即決します(笑)

--道場はいつ頃までを目安に立ち上げを考えているか
今年中に出来ればいいかなと思っています

--今後のビジョンは
昔、長州さんがやっていたように(団体の枠に囚われず)活動して・・・。それはとても活気づいていたし。僕もそうしたい。それで(PRIDE、K-1が)仲良くなってくれればと思います。

--両方のリングに上がるのか
そうできれば、いいですね

--高田延彦氏(現PRIDE統括本部長)とは話したのか
<桜庭>「男だ!」(親指を立てて)って
<谷川氏>それ、今回じゃないでしょ…

格闘技界激震!桜庭和志HERO'S電撃参戦!