NTTデータとスペインのSocial Coinは5月27日、Twitterの投稿をもとに新型コロナウイルス感染症に関する市民の声を地域ごとに理解するためのモニタリングサイトを一般公開した。

RIZAPで感染症対策を実施している様子

モニタリングサイトは、新型コロナウイルス感染症の対策に取り組む行政機関や、地方自治体における施策検討の材料としての活用すること、市民が効率的に情報収集を行い安心・安全に役立てることを目的としたもの。

同サイトでは、CitibeatsのAIを活用した独自のデータ分類(クラスタリング)技術と、NTTデータが保有するTwitterデータおよび言語解析技術を掛け合わせ、47都道府県別に新型コロナウイルス感染症に対する関心事を可視化する。

分類するテーマは、新型コロナウイルス感染症に関連した以下の16個のテーマを対象として扱う。モニタリングサイトでは市民からフィードバックを募り、テーマの拡張など随時アップデートをしていく予定。

モニタリングサイトで扱う16のテーマ