デルは12月10日、堅牢性に優れる11.6型タブレットPC「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」を発表した。構成によって4モデルを用意。直販価格は199,980円から(税別)。

New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット

1.22mからの落下テストと、-29度〜63度の温度テストをクリアしている11.6型タブレットPC。IP65準拠の防塵防水機能を備え、米軍規格の堅牢性と耐久性を併せ持つ。バッテリーはホットスワップ対応のデュアル構造で、電源を入れたままの交換に対応する。

上面のインタフェース類

底面と右側面

マルチタッチ対応のディスプレイは1,000nitの明るさを持ち、直射日光下でも視認可能。解像度は1,920×1,080ドットのフルHDで、手袋を着用していても操作できる。セキュリティ機能はオプションになるが、赤外線カメラとWindows Helloを組み合わせた顔認証ベースのシステムなどを搭載可能だ。

ディスプレイはマルチタッチ対応

エントリー構成となるベーシックモデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i3-8145U(2.1GHz)、メモリがLPDDR3 2133 8GB、ストレージが128GB M.2 NVMe SSD、グラフィックスはIntel UHD Graphics 620(CPU内蔵)。OSはWindows 10 Pro 64bit。

ネットワークはIEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth。インタフェースは、USB 3.0 Type-C×1、USB 3.1 Type-A×1、MicroSDメモリーカードスロットなど。本体サイズは約W312.2×D24.4×H203〜209mm、重さは約1.5kg。

オプションの「Dell Rigidハンドル」

オプションの「キックスタンド付きキーボード カバー」
オプションの「キックスタンド付きキーボード カバー」(手前)と、同じくオプションの「Ruggedタブレット ドック」(奥)