「面白いパフォーマンスをする子がいるんで、見ていった方がいいですよ」

 そんな話を知り合いから聞かされたのは、5月の関東インカレでのことだ。男子800mの決勝レース前のことだった。


 

メガネに「本気」印の入ったハチマキ

 確かに競技が始まる前だというのに、観客たちが妙に騒がしい。期待を込めた笑顔で、レース前の選手コールを心待ちにしている様子がありありとうかがえた。

 実際にコールが始まり、それが1レーンから外側に進むにつれ、徐々に歓声が大きくなる。そして、選手紹介が7レーンに差し掛かった時、見たことない光景が目に入ってきた。

 キレッキレのジョジョ立ち。

 あまりに美しいキラークイーンがそこにいたのである。

 中継のためのテレビカメラも、一度通り過ぎたその選手の表情を再度、映し直すほどのインパクトだった。メガネに「本気」印の入ったハチマキという超独特な出で立ちもさることながら、そのキレのある動きは、嫌でも印象に残った。

 気になって話を聞くとこの選手、大会ごとに選手紹介のコールの際に色々と練られたパフォーマンスを見せてくれるのだという。そのため、少しずつそれを楽しみに観戦に訪れるファンも増えているというのだ。

 パフォーマンスの主は、鹿居二郎というランナーだった。

関東インカレ男子800mの様子。第7レーンが鹿居二郎

このレースで一番の歓声を集めた

 鹿居は現在、亜細亜大学の4年生。1年生のころから3年連続で関東インカレの表彰台に上がっており、昨年の日本学生個人選手権では、全国3位に食い込んでいるほどの実力派中距離ランナーだ。

 この日のレースは前半から積極的な走りを見せたものの、後半で失速して4位に終わる。ただ、このレースで一番の歓声を集めたのも鹿居だった。

「関東インカレではこれまで勝てていなくて、今年も自分の勝負弱さが出てしまったなと感じています。長めのスパートには自信があるんですが、最後の勝負になった時のキレが課題ですね。今後は日本選手権もあるので、まずはそこを目指してやっていきたいです」

 そう語る鹿居が陸上競技を始めたのは、中学生の時だ。最初は短距離をやっていたが、冬季練習で走り込みをした結果、中長距離にも挑戦するようになったという。

「長い距離も割と走れていたので、進学するときは強豪校の中京大中京高校に進んで、駅伝を本気でやってみたいなという思いがありました。そういうわけで高校では長距離を中心にやっていたので、800mも含めた中距離はほとんど走ったことがなかったんです。トラック競技でも1500mがメインで、インターハイは出られませんでした」

1年生ながら関東インカレで3位に入賞

 鹿居に転機が訪れたのは、大学進学の際だったという。

「高校で陸上は一区切りにしようかと思っていましたが、佐藤信之監督に『お前と関東で暴れたいんだ』と声をかけてもらいました。駅伝をやっていたので箱根駅伝を目指しての進学になったものの、監督と『まずは中距離から身体をつくっていこう』という話になって。そうして練習しているうちに記録が伸びて、本格的に800mをやるようになった感じです」

 入学後に取り組んだ800mでメキメキと頭角を現した鹿居は、1年生ながら関東インカレで3位に入賞するなど、はやくから活躍を見せた。高校時代には与えられていただけだった練習が、大学に入って中距離に専門的に取り組んだことで、自分でもトレーニングについて考えることが多くなったことが成長の理由だと分析する。

 ただ、その一方で、急に上がった競技レベルに身体がついてこれず、故障に悩むことも少なくなかった。

「1年生の関東インカレでいきなり表彰台に乗れたんですけど、次の日に足が痛くなって。それで病院に行ったら『疲労骨折しているね』と言われて……。その後も年に1回くらいは骨を折っているんです。大学はケガを抱えながらのことが多かったですね。他にもぜんそくになったり、内臓系の不調があったりと、なかなか継続して練習ができないことも多かったんです」

カメラに指を向けて「俺を見ろよ!」

 練習が積めないというのは、そのまま選手自身の不安の増大にもつながる。不安をレース前にどう取り除くのかは、多くの選手にとって大きな課題でもある。

 そこで鹿居が辿り着いたのは、派手なパフォーマンスで自身の気持ちを奮い立たせるという方法論だった。

「去年の関東インカレの直前にも足を骨折してしまって、無理やり急場しのぎで出場をしたんです。全然調子も上がっていなくて、自分としてはすごく不安な中での大舞台でした。なんとか決勝までは残れたんですけど、正直周りの選手も力のある選手が多くて『自分にベストなパフォーマンスができるのかな?』と不安にかられてしまって……。

 そこで自分をあえて追い込むというのと、大会を楽しもうという意味も込めて、カメラに指を向けて『俺を見ろよ!』みたいな感じでコールの時に少し大げさにやったのが評判になって。『あの場面でああいうことができるってすごいね』とチームメイトに言われたり、そういう意味で注目を集めたのが最初だと思います」

 もちろん派手なアピールは自分にプレッシャーをかけることにもつながる。ただ、鹿居にとってはその重圧は集中力へとつながった。

 結果として、去年もハイレベルな関東インカレの表彰台に上がることができた。そこからはひとつのルーティーンとして、マンガの1シーンや特撮キャラの決めポーズなどを大会ごとに繰り出していたという。

800mが「陸上の格闘技」と呼ばれる理由

 そうして自分のためにはじめたパフォーマンスは、鹿居自身が想像もしていなかった流れを生むことになる。

「レースが終わった後に『パフォーマンスがあったから初めて800mを見てみたけど、すごく楽しかった』ということをSNSで言ってもらえるようになって。アップの前とかに競技場の周りを歩いていると『パフォーマンスも期待しています』みたいな声もかけてもらえるようになりました。そこで気づいたのが、自分のパフォーマンスが800mという種目自体に注目してもらえるきっかけになっているんだなということでした」

 800mという種目は、海外では非常に人気の高い種目だ。わずかトラック2周の中で、ポジション取りやペースの上げ下げなど、一瞬の駆け引きが数多く行われる。レース中には位置取りを争うための身体接触も多く「陸上の格闘技」と呼ばれることもある。

「頭脳戦みたいな部分も大きい種目なんです」

 その一方で、日本における中距離種目は、あくまでマイナー種目の域を出ていない。鹿居としても、そこには忸怩たる思いがあったのだという。

「やっぱり日本だと箱根駅伝がある長距離や100m、リレーが注目されがちだと思います。でも、800mという種目の面白さにもっと注目してもらいたい。800mは一瞬の駆け引きがすごく大切な競技です。傍から見ていると『そこで仕掛けるの?』みたいに思うような展開でも、走っている選手からすると『ここで仕掛けないと絶対自分は勝てない』という頭脳戦みたいな部分も大きい種目なんです。

 注目されることによって、800mという競技のレベルが国内でも上がっていくと思いますし、そのきっかけに自分がなれればという部分もあって。いまはパフォーマンスを通して競技そのものをいろんな人に知ってもらえたらなという考えでやっています」

 実際、中距離選手は進路を選ぶ際にも苦境に立たされることが多い。

「中距離では実力のある選手でも、まだまだ伸びる選手であっても、大学卒業後には競技を継続できる環境がなくて断念してしまう人が多い。そういうのってすごくもったいないと思うんですよ。数少ない実業団に行くか、院に行って続けるぐらいしか選択肢がなくて、そもそも競技を続けていくこと自体が困難なのが現状です。

 そういう部分を打破する意味でも、中距離に注目が集まって、メジャーになってくれたらいいなと思います。そのために、私も少しでも競技を盛り上げていければいいなと思っています」

結果も出せて目につくパフォーマンスができたら……

 鹿居を指導する亜大の佐藤監督はセビリア世界陸上で銅メダルを獲得し、シドニー五輪の代表にまでなったマラソンランナーだ。

「中距離に注目を集めたい」という鹿居の熱い想いについては、こう自論を語っている。

「パフォーマンスに関しては、賛否両論あるのはわかっています。でも、結果も出せて目につくパフォーマンスができたら、僕はすごくカッコいいことだと思うんです。自分もシドニー五輪の時にはそういう魅せ方をしたかったんですけど、緊張でそれどころじゃなかった。でも、今思い返すとQちゃん(高橋尚子)だったり、海外勢だったり世界で結果を残している選手って、そういう魅せ方を理解している選手が多いんですよね。

 でも、例えば鹿居がもし日本代表に選ばれたとして、これまでやってなかったのに急にそういうことをやろうとしても難しいと思います。突然パフォーマンスをしても、結果を出せなければ叩かれるだけになってしまうでしょう。だから、そういう部分に関しても本気で考えるならば予行演習というか、早くから色々やってみて慣れていかないといけないのかなと思っています」

 シドニー五輪のレース前、高橋尚子がメディアの前でhitomiの曲に合わせて踊って見せたシーンは、今でも多くのファンの記憶に残っているだろう。

「スベったらどうしようという怖さもある」

 少子化の進む日本でいかにファンの目を引き、競技そのものに興味を持ってもらうのか――それはどの競技であっても死活問題になってきている。そこに必要なのは、競技自体の魅力はもちろんのこと、いかに目を向けてもらうかという前段の工夫だ。

 派手なパフォーマンスは相手への敬意や礼を欠くという意見もあるだろう。それでも鹿居はそれを理解した上で、自身の精一杯を見せることにしているという。

「相手に敬意を払うのはもちろんなんですけど、自分としては見てもらっている皆さんに感謝の気持ちも込めて、楽しんでもらえたらなという気持ちが大きいです」

 インカレの会場で、鹿居のコールを見にわざわざ観客席に足を向けた多くのファンがいたことは、その想いが伝わっている証左でもあるのだろう。

 大会場を後にすれば、普段の鹿居は実に礼儀正しい、真面目な青年だ。人気が出始めたことで「注目されているんだなというのと同時に、スベったらどうしようという怖さもある」と苦笑する。それでも、日本中距離界の魅力をアピールするために、鹿居はパフォーマンスを続けている。

 今月末には福岡で、日本最高峰の舞台・日本選手権が開催予定だ。

 鹿居はそこで、どんなパフォーマンスと走りを見せてくれるだろうか。

「まだまだ今季はここまで満足いく結果を出せていません。悪目立ちしかしていませんから……やっぱりやるからには日本選手権の決勝の舞台で、思い切ってパフォーマンスをやりたいなと思います」

 写真=末永裕樹/文藝春秋

(山崎 ダイ)