ギャンブル依存症に顔認証など活用 入場確認や利用者の行動のデータ化

ざっくり言うと

  • 大阪府と同市は31日、IRのあり方をまとめた基本構想案の中間骨子を提示した
  • 顔認証による入場確認や利用者の行動のデータ化など、最先端技術を導入
  • 独自のギャンブル依存症者や予備軍を早期に発見する手法を検討するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング