ユナイテッド航空の旅客機(資料写真、出所:)


 ここ数日、シリア情勢と並んで世界のメディアをにぎわせたのが、シカゴ空港で起こった事件だった。米ユナイテッド航空の国内便がシカゴ空港を飛び立つ直前に、機内で乗務員と乗客のトラブルが起こったのだ。

 これを空港警察の警官が排除した光景を乗客がスマートフォンで撮影し、ネットで拡散したため、世界中でユナイテッドの対応を批判する大合唱が起こった。定員より多くの予約を取るオーバーブッキングは合法で、乗客が拒否したら排除することも連邦航空法で認められている。何がこの小さな出来事を世界的事件にしてしまったのだろうか?

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

乗客の排除は合法的である

 まず簡単に経緯をおさらいしておこう。シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行きのユナイテッド航空3411便の定員は70人だが、ユナイテッドは定員いっぱいの乗客を乗せたあと、さらに翌日の乗務員4人(パイロット2人と客室乗務員2人)を乗せようとした。彼らが搭乗できないと別便が飛べなくなるので、乗務員の搭乗は最優先である。

 機内で「400ドルのクーポンと代替便の航空券と1泊のホテル代」で翌日の便に変更する乗客を募ったが、応じる乗客がいなかった。800ドルに上げても誰も応じなかったので、乗務員は無作為に4人を選んで同じ条件を提示したという。

 このうち3人は応じたが、デビッド・ダオという人物が拒否した。彼は医師と自称し、「あすの午前中に診療がある」と主張したが、そういう事情を斟酌したら無作為にならないので、乗務員は空港警察を呼んで排除した。

 このときダオが暴れて、口にケガをした。彼は機内から引きずり出されたあと機内に戻ってきて「殺せ殺せ」と繰り返し、席を離れなかったので、3411便は運休し、乗客は(ダオを含めて)すべて退去した。

 ここまではありふれた事件だが、ダオが引きずり出される様子を乗客がスマホで撮影した以下のような動画(複数のバージョンがある)がインターネットで世界に拡散され、「アジア人差別だ」などと大騒ぎになった。

 これについてユナイテッドのオスカー・ムニョスCEO(最高経営責任者)は遺憾の意を表明し、「徹底的な調査」を約束した。ここまで見るとユナイテッドの起こした暴力事件と見えるが、大手メディアは冷静だ。乗客の排除は航空法で認められており、乗務員の指示を乗客が拒否した場合は、警察力で排除することも合法的だ。

 特に今はテロリストへの警戒が強いので、ダオのように機内で大声で叫ぶ人物は、それだけで排除の対象になる。特に離陸前に、危険な乗客を排除することはよくある。彼が負傷したのは抵抗してアームレストに口をぶつけたためで、抵抗しなければ負傷しなかった。これは交通事故の容疑者が警官ともみ合ってケガしたのと同じで、賠償は受けられない。

オーバーブッキングは合理的である

 アメリカの国内線を利用した人なら、搭乗カウンターで「400ドル払うので、予約変更するお客様はいらっしゃいませんか?」といったアナウンスを聞いたことがあるだろう。これは航空会社が受け付けを間違えたのではなく、意図的に定員を超える乗客の予約を受け付けたのだ。

 たとえば定員100人の便に平均10%のキャンセルが出るとすると、航空会社は111人までチケットを売る。10%がキャンセルしても100の席が完全に埋まるからだ。もし定員を超えて、たとえば103人が搭乗カウンターに来たら、「400ドルで予約変更するお客様はいませんか?」とアナウンスし、3人が応じたら取引は終わる。2人しか応じなかったら、機内で800ドルに上げて募集する。

 うまく行けば航空会社は儲かり、乗客は得するが、問題は最後まで席が足りなかった場合だ。航空法では国内便のオーバーブッキングの補償金の上限を1350ドルとしているが、近距離だともっと低い価格で予約変更の募集を打ち切り、無作為に選んで客を排除する。アメリカでは年間約4万人が「非自発的に」排除されている。

 そのほとんどは自分で離席するが、今回のダオのように最後まで拒否すると、警察が出てくる。そうしないと、乗客は無限に価格を吊り上げるからだ。つまりオーバーブッキングで警察が出てくることは合理的なのだ。

オークションで「最適オーバーブッキング」が実現できる

 ここまで読んで、不愉快になった読者が多いだろう。航空会社が座席を余分に売って、あふれた客を暴力で排除するなんてけしからん──それは私も同感だが、オーバーブッキングを禁止すると競争がなくなる。航空会社は運賃を上げたりサービスを落としたりするので、乗客のためにもならない。

 ただユナイテッドのシステムの弱点は、最後に機内で予約変更を割り当てることだ。これを乗客に強制するには警察力が必要で、普通は警官が来ると抵抗しないが、ダオは大きな声を出して抵抗した。こういう非常識な人物への対策が不十分だった。

 こういうトラブルを避ける方法を、40年前から経済学者が提案している。余分の座席をオークションで配分するのだ。上の例でいうと、カウンターで3人分の席を価格を決めないでオークションにかける。400ドルで2人が応札してもやめないで、たとえば600ドルで3人になったらやめ、全員に600ドル払う。

 そうすると今回のように機内で高い価格を払う必要がない。これは航空会社にとっては、今のシステムをちょっと手直しするだけで可能だ。カウンターで「お客様の中で450ドルで予約変更する方は?」とか「500ドルでは?」とアナウンスすればいいのだ。ただしユナイテッドのように、乗客が強い立場にある機内でやってはいけない。

 航空会社にとって魅力的なのは、変な人物との争いが起こらないことだろう。このオークションは(通常のオークションとは逆に)低い価格を出す人を選ぶので、ダオのような人物は応札しない。もし応札したら、彼は自発的に予約変更したことになるので、トラブルは起こらない。

 ウォールストリート・ジャーナルは社説で予約変更のオークションを提案し、ユナイテッドも新しい予約変更システムを検討しているという。今のシステムは合理的だが、根拠なき非難が映像として拡散することは想定外だったと思われる。スマホ時代には、それにふさわしい広報戦略が必要である。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:池田 信夫