10日、フィギュアスケートの浅田真央が自身のブログで現役の引退を表明した。日本の女子フィギュアスケートを長らくけん引してきたエースの引退に日本のみならず中国でも惜しむ声が聞かれている。写真は浅田真央。

写真拡大

2017年4月10日、フィギュアスケートの浅田真央が自身のブログで現役の引退を表明した。日本の女子フィギュアスケートを長らくけん引してきたエースの引退に日本のみならず中国でも惜しむ声が聞かれている。

引退表明は中国の各メディアも速報で伝えるなど注目度が高く、中国中央テレビ(CCTV)は、「2010年のバンクーバー五輪でトリプルアクセルを3度成功させ、高難度技の第一人者となった」と評価し、ポータルサイトの新浪は「浅田真央はアジアで初めて世界選手権で3度優勝した選手。MAO(中国での愛称)!素晴らしい思い出をありがとう!」と同社の微博(中国版ツイッター)公式アカウントに書き込んだ。

また、テンセント(QQ)は浅田真央が中国で「MAOちゃん」との愛称で親しまれていると紹介した上で、「フィギュアスケートの名将・浅田真央が引退、一つの時代が終わった」と題し、経歴や戦績をまとめて報じた。さらに、中国のスポーツ評論家といった業界関係者からは、「浅田真央が引退。もう滑らないんだね」と引退を惜しむ声が聞かれている。

このほか、中国の浅田真央ファンからは「これでキム・ヨナと浅田真央の時代は本当に終わってしまった。浅田真央の引退を知り、心にぽっかり穴が空いたようだ。彼女には自分の幸せに向かって突き進んでほしい。いつまでも輝く女性であることを願っている」「私は日本人ではないが、浅田真央が大好き。彼女の頑張る姿に勇気付けられる。思うような演技ができない彼女の姿に胸が締め付けられる気分だった。彼女は多くの期待を背負っていたからこそ、引退の決断は大変だったと思う」「私の青春は全て浅田真央にささげた。彼女は私が最も好きなスポーツ選手で、彼女の引退にまだ心の整理がついていない。さまざまな苦難を乗り越えたからこそ、人生を楽しんでほしい」と浅田真央の引退にショックを受けているが、彼女の幸せを祈る声が圧倒的に多かった。(翻訳・編集/内山)