仏西部アンジェの病院で患者の歩行を手伝う看護師(2013年10月23日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イスラエルの病院で14日、70代後半の男が女性看護師に火を放ち、死亡させる事件が発生した。警察当局が発表した。男は治療に不満を持っていたとみられる。

 事件が起きたのはテルアビブ(Tel Aviv)の南東に位置するホロン(Holon)で、警察によると容疑者の男は現場から車で逃走したものの、後に逮捕されたという。死亡した女性看護師は40歳前後だとされている。

 事件現場でニュースサイト「Yネット(Ynet)」の取材に応じた警察当局者によると、男はホロンの病院に来院したが治療に満足できず、話し合いの際、この男を担当していた女性看護師に引火性の液体をかけたという。

 事件が起きた病院を運営する医療機関の代表者は公共ラジオ局とのインタビューで、容疑者の「治療の背景」は不明としつつ、男が精神上の問題を抱えていた可能性もあると示唆した。
【翻訳編集】AFPBB News