iPhoneのバッテリーを最大限活かす・守るために知っておきたいことをご紹介します。

充電前にバッテリーは使い切らなくてもOK

iPhoneのリチウムイオンバッテリーは、充電前に使い切る必要がありません。

バッテリーの残量がある状態で充電する「継ぎ足し充電」ができるので、好きなときに充電できます。

バッテリーの寿命とカウント方法

リチウムイオンバッテリーは充電サイクルが1回完了すると、わずかに容量が減ります。容量が減ると、1回の充電で使える時間は短くなるので劣化と言えるでしょう。

この充電サイクルが1回完了したと数えられるのは、バッテリーを100%分使ったときです。100%まで充電した回数ではありません。

たとえばiPhoneを100%まで充電して50%使用します。そこから充電して翌日に25%使い、さらに翌々日に25%使うと合計100%になるので、充電サイクルが1回完了したことになります。

iPhoneは500回の充電サイクルを完了すると、容量が最大80%にまで減る設計です。

どの程度まで劣化するとバッテリーが寿命を迎えたと判断するかによりますが、充電サイクル500回が1つの目安になるでしょう。

80%から充電が遅くなる理由

80%までは高速充電モードですが、それ以降はトリクル充電と呼ばれる方式に切り替わるので、充電の速度が遅くなります。

充電の電流を弱めることで、バッテリーに負担がかからないようにしています。

速く充電する方法

鍵はiPhoneの消費電力でした。検証結果は以下のページでご覧ください。
iPhoneを速く充電するには? 実験で確かめてみた

温度でバッテリーのもちが変わる

iPhoneを冷やしすぎたり温めすぎたりすると、バッテリーには悪影響が出ます。特に温度が高い環境では、バッテリーが劣化してしまう恐れがあるので要注意です。

詳しくは以下のページをご覧ください。
→ iPhoneを冷やしすぎると・・・

バッテリーに衝撃を与えることは避けるべし

バッテリーに衝撃を与えると、内部の構造が壊れてしまうことがあります。

これが発煙・発火・爆発の原因になりうるので、iPhoneを持ち運ぶときは本体を落としたり曲げたりしないように注意しましょう。

参考

バッテリー - Apple(日本)

リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。
お名前(ペンネーム可)を入力の上、AppBankのライターに書いて欲しい記事ネタを記入し【送信】ボタンを押して、記事リクエストを送ってください。

投稿はこちらから


リクエストページを別ウィンドウで開く