ウソッ…まさかヨーグルトも!?「食物繊維」が多そうで実は少ない食品3つ

写真拡大

腸内環境を整えるため、ダイエットのため、お肌の調子を整えるため……と、健康や美容を意識して食物繊維を摂っている女性は多いのではないでしょうか?

しかし、”食物繊維が入ってる”と思っていて、実はほとんど入っていない食品が多くあります。

今回は、管理栄養士の資格を持つ筆者が、食物繊維にまつわる”意外な食品”についてご紹介します。

 

■意外1:ざくろ

美容食材として注目を浴びているざくろ。”女性ホルモンに似た作用がある”と話題になったので、スムージーやドレッシング、お酢などに入れて積極的に摂取している女性も多いはず。

しかし、なんと、ざくろに含まれる食物繊維は”ゼロ”! さらに驚きなのは、“女性ホルモンのエストロゲンが含まれ、ホルモンバランスを整えて更年期障害を緩和する”話も全くの”ウソ”。

2000年に国民生活センターから「果実のざくろやざくろを加工した健康食品両方、エストロゲンは検出されなかった」と報告があります。

また、エストロゲン活性作用がある”エストロン”が含まれているとも言われていますが、”実”ではなく”種”に含まれていて、含有量はごく微量……。エストロンの摂取は難しそうですね。

ただし、1個あたり50キロカロリーとヘルシーで、なおかつ抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているので、ダイエットや美容に向いている食品です。

 

■意外2:ヨーグルト

腸内環境を整えるために活用されているヨーグルト。だからこそ当たり前のように食物繊維が入っていると思っていませんか? しかし、ヨーグルトにも食物繊維はゼロ。

というのも、ヨーグルトは牛乳が原料なので、牛乳自体に食物繊維が含まれていないからです。となると、牛乳を原料として作られるチーズやバターにも、当然食物繊維は含まれていません。

ですがヨーグルトは発酵食品の1つで、人間の腸内にすみつくことができる乳酸菌を多く含みます。

また、乳酸菌は“おなかの調子に対する作用”が特定保健用食品の審査で認められており、トクホのヨーグルトもたくさん市販されていますよね。

腸内環境を整える食品としてはおすすめです。

 

■意外3:つみれ

魚のすり身を小さく丸めてゆでた“つみれ”。ヘルシー食材であり、なおかつ、おでん、つみれ汁などいろいろな食べ方が楽しめます。

”魚=ヘルシー”というイメージなのか色合いなのか、食物繊維が多そうに思われていますが、つみれも食物繊維はゼロ。

というのも、ほとんどの魚類は食物繊維が多く含まれていないので、魚を加工したつみれや、はんぺん、かまぼこ、さつま揚げなども食物繊維は含まれていません。

海の幸であれば、かんてん、ひじき、あおのりなどの海藻類には多くの食物繊維が含まれています。

しかし、つみれには、DHAやEPAなど血行促進作用のある栄養分が多く含まれていますので、食事で活用したい食品です。

 

■キャベツにレタス…その他の意外な食品は?

「キャベツ5個分の食物繊維」「レタスの食物繊維よりも2倍!」など、食物繊維の多い食品をアピールする際に比較されることが多いキャベツやレタス。しかしこれらの食品は、野菜の中でも比較的食物繊維が少ないほうなのです。

成人女性に勧められている1日の食物繊維摂取量は、”18グラム以上”で、便秘予防のためには、1日”20グラム以上”と言われています。

キャベツの食物繊維量は、葉っぱ2枚(約100グラム)で約1.8グラム、レタスは、葉っぱ3枚(約100グラム)で約1.1グラムなので、キャベツなら葉っぱ20枚程度、レタスなら葉っぱ30枚以上でようやく一日の食物繊維摂取量に相当する量になるのです。

100グラムあたりでいえば、芽キャベツやオクラ、ごぼうや枝豆の方が5グラムほど多く食物繊維が含まれています。

しかし、キャベツやレタスはカロリーも低く、食感もよいため、ダイエットには適している食品ですよ。

 

いかがでしたか?

今回は食物繊維が多そうで実は少ない食品についてご紹介いたしました。

食品のもつイメージにとらわれて同じものばかり食べるのはやめて、様々な食品を食べるようにすると、自然と食事バランスが整ってきます。

正しい食品選択をして、家族の健康をサポートしていきたいですね!

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ 夏のツケが秋にくる!今から気をつけたい「秋の抜け毛対策」3つ

※ トマト缶も!「がんリスクを高めてしまう」NG食品3つ

※ えっ…梅干しも!? 実は「ビタミンCが含まれていない食品」4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

※ 1回でウエスト-7cm!? 「セルライト対策」とっておきの秘訣とは

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

 

【姉妹サイト】

※ ダイエット中でも大満足!「空腹にならない」食べ応えばっちり食材3つ