三菱自動車の不正で池井戸潤氏の作品「空飛ぶタイヤ」に再注目

ざっくり言うと

  • 三菱自動車の不正発覚後、池井戸潤氏の小説「空飛ぶタイヤ」が売れている
  • 小説は、社会常識から大きく乖離した財閥系自動車会社の姿を描いている
  • 同社のある社員は、小説を読み自社の企業風土を改めて思い知ったと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング