坂本勇人選手

写真拡大

「スポーツ紙も坂本に加担している」、「スポーツ紙が報道しないのはおかしすぎる」、「スポーツ紙は忖度をやめてください」──Twitterには疑問の声が相次いで投稿されている。巨人・坂本勇人選手(33)をスポーツ紙が庇っている、というわけだ。

 ***

【写真を見る】へそ出し&ミニスカが眩しい! 華麗なダンスで球場を彩るプロ野球のマスコットガール

 文春オンラインは9月10日、坂本選手の“女性虐待”問題を報じた。交際していた女性が妊娠を伝えたところ、坂本選手は中絶を示唆。ショックで女性は自殺しようとしたが、辛うじて一命は取り留めたという衝撃的な内容だった。担当記者が言う。

「坂本選手がプロ野球界を代表するスターであることは言うまでもありません。記事のインパクトも充分でした。ところが、高い関心を集めるスキャンダルであるにもかかわらず、スポーツ紙はこれまで一切、文春の報道を記事にしていません。これがネット上で強い批判を集めています」

坂本勇人選手

 スポーツ紙のOBは「紙面の責任者はとてもではありませんが、『後追い記事を書け』と部下に指示することはできないでしょう」と言う。

「まず記事によると、被害者女性と坂本選手の間で示談が成立したそうです。更に、文春さんの取材を受けたのは、被害者女性の友人だとあります。記事を読むとあまりに詳細な告白で、『実はご本人が真相を語ったのかな』とは思いました。それはともかく、仮に示談前で、ご本人の告発という現在進行形の内容だったなら、各紙も後追いできたかもしれません」

原監督との相違点

 今回と同様、文春が巨人の“暗部”に斬り込んだ記事を掲載し、スポーツ紙が後追いをしたケースが以前にはある。

 2012年、週刊文春は原辰徳監督(64)の不倫問題を報じた。元暴力団員から不倫問題について脅迫され、原監督が1億円を支払ったという内容だ。

 この報道には、スポーツ紙も後追いをした。一例として、スポーツニッポンの見出しだけをご紹介する。

◆プロ野球 巨人・原監督 不倫で1億円払った 報道事実認め異例のお願い 「清武さん」暴露もうやめて!! 3月の契約金超過報道に続く巨人軍スキャンダル(2012年6月21日)

「確かに原監督の不倫問題は、スポーツ紙も後追い記事を掲載しました。ただしこの場合は、脅迫という刑事事件の要素がありました。一方、坂本選手の場合、被害の状況は極めて深刻ではありますが、民事事件であるのも事実です。後追いすると、巨人サイドから“選手のプライバシーを侵害している”と言われる可能性もありますね」(同・スポーツ紙OB)

巨人の“報復”は日常

 文春オンラインは「スポーツ紙やテレビ局が後追い報道をしない理由」というテーマでも記事を作成している。まずはタイトルをご紹介しよう。

◆「巨人坂本選手のネタ、取り扱いNGです」ワイドショー制作陣に流れた“忖度チャット”入手「巨人の広報部は百戦錬磨ですから…」(9月17日)

「タイトルにも書かれていますが、記事の本文ではワイドショーのスタッフが、『坂本選手の件を扱ったら、長嶋さん関連の情報が入らなくなる』と報告した場面が描かれています。『長嶋さん』とは言うまでもなく、巨人の長嶋茂雄・終身名誉監督(86)のことです」(前出の記者)

 9月6日、長嶋氏が都内の病院に緊急入院した。ワイドショーのスタッフやスポーツ紙の記者が「もし巨人の不興を買ってしまい、その間に長嶋さんの体調が悪化したら……」と不安になったとしても不思議はない。

 だが、前出のスポーツ紙OBは、「そうでなくても、巨人は日常的にスポーツ紙を“コントロール”してきますよ」と明かす。

「例えば巨人が優勝したとしましょう。スポーツ紙としては、監督や選手の手記、独占インタビューが欲しいわけです。ところが巨人は、過去に掲載した“巨人にとって好ましくなかった記事”の件をよく覚えており、報復としてやんわりと断ってくるのは珍しいことではありません」

及び腰

 加えて、かつてのような“常勝巨人”の時代なら、不祥事のニュースバリューも上がる。だが、9月21日現在、巨人はセ・リーグ3位だ。

「坂本選手の件では、巨人を黙らせるだけの“報道の大義名分”がなかなか見つかりません。更に記事を掲載したとしたら、陰に日向に巨人から報復を受けるのは目に見えています。そのような状況が誰でも簡単に予想できるわけですから、例えばスポーツ紙のデスクで、『文春の記事を後追いしよう』と考える人は、いないと言うことでしょう」(同・スポーツ紙OB)

デイリー新潮編集部