煙突解体現場から作業員が約40m下に転落し死亡 2020年にも社員が転落死

ざっくり言うと

  • 20日、九州電力旧唐津発電所の煙突解体作業現場で36歳作業員が転落死した
  • 煙突外側の歩廊部分から約40m下の地面に転落し、搬送先の病院で死亡
  • 旧唐津発電所では2020年にも作業を監督していた九電社員が転落死している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x