キャスターの安藤優子(C)日刊ゲンダイ

写真拡大 (全2枚)

 フリーキャスターの安藤優子(61)と俳優の高橋克実(59)、フジテレビの倉田大誠アナウンサー(38)がメインキャスターを務めるフジテレビ系情報番組「直撃LIVE グッディ!」が、9月いっぱいで終了することが明らかになった。

打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

 10月からは俳優の坂上忍がMCを務める「バイキング」の放送枠を約3時間に拡大。ドラマの再放送枠を挟んで、夕方の報道番組「Live News it!」につなげる編成になるという。2015年3月30日の番組開始から、5年半でその歴史に幕を閉じることになった。

「9日の放送で安藤キャスターは放送終了の件については触れなかったが、内心、穏やかではないはず。以前に比べると、かなりギャラを下げたようですが、現在でも週給200万円といわれる高給取り。安藤さんはフジの功労者で夫も局の幹部とはいえ、ついに決断が下されたということです」(放送担当記者)

秋改編は制作費削減が至上命令

 この“聖域”なきリストラの背景にはフジテレビの厳しい経営状況が影を落としている。

「テレビ局は他局もそうですが、コロナ禍で収益が大幅にダウン。特にフジは落ち込み具合がヒドい。5月の東京地区のスポットCMは前月の6割弱。09年のリーマン・ショック時の落ち込みを大きく更新してしまいました。とにかく番組制作費の削減が秋の改編の最大の課題なのです」(広告代理店関係者)

 安藤ですらリストラの憂き目に。局にとっては功労者とはいえ、背に腹は代えられなかったようだ。