ドイツ・ウルムの大学病院内にある小児病院(2020年1月29日撮影)。(c)Ralf ZWIEBLER / DPA / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ドイツ南部ウルム(Ulm)の病院で新生児5人がモルヒネを投与された事件で、警察は4日、看護師の女を殺人未遂容疑で逮捕したことは「誤り」だったと認めた。事件の謎はますます深まった。

 生後1日から5週間だった新生児5人は昨年12月20日にモルヒネを投与されたとみられるが、命に別条はなく、後遺症もないものとみられている。

 捜査員はウルム大学病院(Ulm University Hospital)で看護師のロッカーを捜索し、母乳が入った注射器を発見。初期検査で微量のモルヒネが検出され、先月29日に看護師が拘束された。

 しかしさらなる分析の結果、注射器にはモルヒネは含まれていなかったことが判明し、ウルム検察当局のクリストフ・レア(Christof Lehr)検事は報道陣に対し、検査は誤りだったことが分かったと述べた。

 看護師は今月2日、検察から謝罪を受け釈放されたが、事件当夜に勤務していた他の看護師3人と医師2人と共に現在も重要参考人の一人だという。

 検察当局は捜査を「あらゆる方向で」継続するとしており、さらなる容疑者が浮上する可能性も示唆している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
顔のない赤ちゃん生まれる、医師に6か月の停職処分 ポルトガル
新生児5人にモルヒネ投与か、独警察が看護師を逮捕
「マジで」? ひどすぎる新生児の名前「却下リスト」を公開 NZ