俳優の梅宮辰夫さん(81歳)がけさ7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなった。梅宮さんは去年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けていた。

 梅宮さんは2016年に十二指腸乳頭がんを患い、これまでに6度のがんを経験したことを長女のアンナさんが明かしていた。

 梅宮さんは東映のニューフェイスとしてデビューし、俳優やタレントとして活躍。また実業家や料理家としても知られていた。(AbemaTV/AbemaNEWS)