元カノが別れ際に放った「トラウマ級の暴言」9パターン

写真拡大

恋人同士の別れ話は、一度火がつくと口喧嘩になりやすいのが怖いところ。ムダに傷つけ合うことを避けるためにも、男たるもの彼女からどんなセリフを吐き捨てられても受け止める覚悟を持っておきましょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性391名に聞いたアンケートを参考に「元カノが別れ際に放った『トラウマ級の暴言』9パターン」をご紹介いたします。

【1】「最初から好きじゃなかったし」と、恋愛感情がなかったことを暴露する
「甘酸っぱい思い出をすべて否定された気がして、頭の中が真っ白になった」(10代男性)というように、「そもそも論」を用いて交際の意義を全否定されるパターンです。次の恋愛では告白までに時間をかけるなど、付き合う前からじっくり信頼関係を築きましょう。

【2】「あなたには将来性がない」と、人としての価値を否定する
「『大人失格』の烙印を押された気分になった」(20代男性)というように、最愛の女性から「将来性がない」と言い切られて、心に傷が残ったケースです。「昇進するまでは意地でも新しい彼女を作らない」など、暴言を吐かれた悔しさをバネに成長したいところです。

【3】「だって飽きたんだもん」と、ゲーム感覚でポイ捨てする
「俺との交際はそんなに軽いものだったのかと、ショックを受けた」(10代男性)というように、非常に投げやりな理由で別れを告げられることもあるようです。長く付き合っても彼女に定期的にサプライズを演出するなど、今後は「油断しない男」に生まれ変わりましょう。

【4】「バカでデブだから嫌なの」と、明らかな悪口を言う
「本心で言われてると思うと余計に痛い」(20代男性)というように、普段なら笑って許せるような悪口も、別れ際に吐かれるとダメージが大きすぎるようです。平気でひどいことを言う元カノなら、さっさと忘れて「素の自分」を好んでくれる相手を見つけましょう。

【5】「じつは、あなたは二番目だったの」と、二股を白状する
「浮気を白状されてリアルに女性不信になった」(20代男性)というように、本人が別れ際にスッキリするための爆弾発言で、女性から大きな痛手を負った人もいます。裏切り行為は聞けば聞くほど消化に時間がかかるので、あえて詳細を聞かずに話を終わらせるのもひとつの手です。

【6】「あそこが嫌い、ここも嫌い」と、徹底的にダメ出しをする
「別れ話のついでにアレコレと否定されて、3日間寝込んだことがある」(10代男性)というように、明らかに言い過ぎなダメ出し連射に打ちのめされるパターンです。ラブラブだった時期に言われた褒め言葉を思い出せば、少しは痛みを相殺できるかもしれません。

【7】「あなたと私じゃ釣り合わない」と、上から目線で突き放す
「こんなことを言う女がいるのかと、言葉を失った」(20代男性)というように、ぶっちゃけトークがしやすい別れ際には、不当に見下されるケースもあるようです。改善できない部分は、「価値観が違った」ときっぱり割り切って次の恋愛に進みましょう。

【8】「もう顔も見たくない。二度と連絡しないで」と、絶縁を要求する
「情のカケラもない接し方だと人間性を疑う」(10代男性)というように、まるで手のひらを返すような元カノの突き放しぶりに戸惑う男性もいるようです。暴言を吐かれても潔く去るなど、最後こそ男らしさを演出すれば、いつか元カノが心変わりするかもしれません。

【9】「あなた、貧乏なんだもん」と、経済力を理由に捨てる
「『結局、金がすべてか』と、絶望感に襲われる」(20代男性)というように、収入の低さを突かれてプライドを傷つけられたパターンです。徹底的に女性に対するやさしさを磨くなど、お金に勝る魅力を身につけて元カノよりも幸せな人生を送りたいところです。

別れ際に元カノから思いもよらない暴言を吐かれて、立ち直れなくなる男性は少なくありません。反省すべき点はしっかり見つめつつ、次の恋愛に生かしましょう。(浅原 聡)

【調査概要】
期間:2014年6月3日から6月10日まで
対象:合計391名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査