20日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうりテレビ)で、ゲスト出演した田原総一朗氏が「韓国人は実は反日ではない」と発言し、出演者から反論される一幕があった。

番組では「歴史を変えた極秘文書徹底解明SP」と題し、「河野談話 元慰安婦の聞き取り調査報告書」を取り上げた。

その中で、田原氏は「(安倍晋三首相は)河野談話を見直したかったが最終的に『見直さない』と言ったのはアメリカの圧力が原因」だと主張した。

政治評論家の加藤清隆氏は「(談話の)真意はどこにあるかということで検証作業をやったんですよ」と述べると田原氏は、この検証作業が「最悪」であり、「検証作業の結果が、すり合わせがあったと。これは実は日本と韓国が『この事は内緒にしよう』ということでやったんですよ。内緒にしようとしてやったことを、後でバラしたらね、もう外交はできませんよ。外交ってのはそういう内緒のことがいっぱいあるんだから」と、日本側の落ち度を指摘した。

しかし、加藤氏は過去の事例をあげ、「全て約束を破っていっているのは韓国側ですよ」と反論。

評論家の宮崎哲弥氏も「安倍さんは韓国や中国に対し対話のドアを開けているが、やってこないのは向こうの方」だと主張した。

すると田原氏は「(韓国の大統領)朴槿恵(パク・クネ)ってのは、実は本音は親日なんですよ。だけどね、親日って言ったら大統領維持できないんだよ」と韓国側の本音を代弁した。

続けて「世論ですよ。一番悪いのはマスコミだけどね。マスコミが日本の悪口言うと売れるんだよ。(韓国)国民はそんなに日本の悪口言いたくない」と持論を述べた。

また田原氏は、内閣府特命担当大臣の山本一太議員と以前韓国に行った際、韓国の議員から「実は日本を手本にしている」「親日と言うと人気が落ちるから言えない。ごめんね」と言われたことを明かした。

すると出演者からは猛反発が沸き起こった。

宮崎氏は「その方が深刻。つまりこれは民意において徹底的に反日なんだよ」と、激しい口調で反論。さらに作家の金美齢氏も「公には絶対言えないってね、建前と本音の落差が韓国はひどいんですよ。それが問題なのよ」と指摘した。

しかし、田原氏は「日本の方がキャリアが長い先進国なんだから大人になってリードすべき」と主張した。

すると、加藤氏は「違う。そういうことを言い続けて失敗してきたんです」と、田原氏の意見を真っ向から否定した。

田原氏は「失敗なんかしてない」と対抗し、韓国において「マスコミと司法」が反日を煽っていると説明した。加藤氏は「司法までおかしくなってあり得ない判決をどんどん出している」と、この点については同意を示した。

しかし、この話を聞いていた作家の竹田恒泰氏は「司法がいきなり独走したんじゃなくて、韓国の司法ってのは世論に流される傾向があるんですよね」と、発言すると宮崎氏は「結局世論なんじゃん」と、田原氏の言う「韓国は実は親日」説に最後まで強い口調で反論していた。

【関連記事】
田原総一朗氏が山口組系組長らと討論会を予定
竹田恒泰氏が韓国対策を提唱 「韓国が慰安婦問題を持ち出してきたら、ただちに『談話は合作』『仏像返せ』などと応報すべし」
ビートたけし、日本人の「対韓国」感情を分析 「『もう我慢できねえぞ』ってところに、そろそろ雑誌がきてる」