孤独なプライベートを送る堀北。

写真拡大

 放送中の連ドラ『ミス・パイロット』(フジテレビ系)で主演を務めている堀北真希。彼女の驚きのプライベートが話題となっている。

 2003年に14歳でデビューして以来、“清純派女優”として第一線で活躍し続けてきた堀北。これまで、オリエンタルラジオの藤森慎吾や、嵐の櫻井翔など、熱愛のウワサは数あれど、決定的なデート写真や、信憑性の高い情報は出たことがなく、清純派のイメージは未だ揺るがない。

 話題となっているのは、19日発売の『週刊朝日』(朝日新聞出版)に掲載された、堀北と作家・林真理子の対談。「LINEをしない」「外に出ない」「外食はほとんどしない」「(ストレス発散法は)走ったり、家で筋トレしたり」「(酒は好きだが)両親と家飲み」「寂しくはないし、自分にとってはそれが一番楽しい」と、とても芸能人とは思えない地味な私生活を次々と明かす堀北に、「ちょっとォ……(笑)。寂しくないですか、25歳の女性として」と驚く林。

 林が「芸能界の女の子の女子会って、楽しそうじゃないですか」と投げかけると、「私、人と価値観が違うところが多くて、あんまり……。べつに一人でも楽しいので」と否定。買い物は行かないのかと聞かれた際にも、「かわいい服を欲しいなあとは思うんですけど、私、外に出かけないので、着ていくところがないから……」と寂しげに答えた。

 また、恋愛についても、「(したくても)外に出ないのでダメだなと思っています」「皆さんに心配されてます」「(共演者に電話番号を)全然聞かれない」「私、本当に上手に人付き合いができないので」と、ネガティブな発言を連発。恋人探しには、積極的ではないようだ。

 このインタビューが25日、同誌の関連サイト上に掲載されると、衝撃を受ける人が続出。「間違いなく“清純派”だ!」「女神」「これは信用できる!」「俺と結婚しよう」と歓喜する男性ファンのほか、「硬派すぎて近寄りがたい」「芸能人なのにコミュ障とは……」「外の世界を知らないまま、25歳になっちゃったんだな」という声が上がっている。

「彼女は先月、『FLASH』(光文社)が発表した『テレビ局員100人に聞いた苦手な女優』で、1位になってしまった。世間の好感度が低いわけではないのに、業界人に嫌われてしまう理由は、舞台裏での愛想のなさと、硬すぎる性格。カメラが回っていないところでは、一人の世界に入り込んでいることも多く、“話しかけるなオーラ”をビンビンに出しています。もう少し心を開いてくれれば、周りのスタッフも一緒に仕事しやすいのですが……」(芸能関係者)

 華やかに見える芸能界だが、堀北のように孤独を好む女優は、意外と多いのだろうか?