「気持ちわかる」と共感!職場でドキドキのオフィスラブ映画5選

写真拡大

仕事しながらトキメキも得られる社内恋愛。トキメキが仕事の原動力になったり、毎日会社へ行くのが楽しくなりそうです。

ですが、オフィス内なので、バレたら大変なことになりかねません!

そんな職場に花咲く恋物語をピックアップしてみました。
あなたの職場恋愛の参考になるかもしれませんよ!

女子の共感度MAX!社内恋愛映画5選

●その1:『アパートの鍵貸します』/社内で三角関係ラブ!

自分のアパートの部屋を上司の浮気用に貸した男。

上司が連れ込んだ女は、男が片思いしている女性だった……という切ない三角関係のストーリーです。

ベースは男目線なので、上司が恋敵で、自分の部屋が浮気の場所というWパンチにどう対処するかが見もの。

また、煮え切らない上司の態度に傷つく女性の気持ちにも大共感です。

60年代の映画ですが、いま見ても問題なし! 浮気男の身勝手さと社内片思いする男心の切なさが学べますよ。

●その2:『セクレタリー』/職場でSMラブ!

個人弁護士の秘書となった自傷癖のある女性に対し、上司は秘書教育としてミスをするとお尻を叩くように。
その行為はどんどんエスカレートしていって、いつしかお仕置きが快感になっていく秘書。

上下関係も行きつくとこまで行くとSMになるのですね。

この場合、彼女が拒否すればセクハラだけど、受け止めたから愛が生まれた! 職場のセクハラは愛と背中合わせなのかもしれません。

●その3:『ブリジット・ジョーンズの日記』/弄ばれる切ないラブ!

出版社に勤めるヒロインは上司から恋のアプローチをされ有頂天。
イケメン上司との秘密の恋に浮かれまくりますが、結局ポイ捨てされてしまいます。

この手の男はいろんな女をつまみ食いしている可能性が高いので、遊びと割り切って、奢らせたり、欲しい物をねだったり、いい思いだけちゃっかりいただくのが賢い方法。

ヒロインみたいに舞い上がりすぎると、裏切られたときのショックは大きく、職場で顔を合せるのが辛くなってしまいますよ。

●その4:『恋する遺伝子』/華やかなTV業界ラブ!

TV局で働く女性スタッフは上司との恋に破れ、あてつけのつもりで放送作家の男と同居することに。

始めはいい友人だったけれど、彼女は次第に彼に恋心を抱くようになる……というTV業界オフィスラブ。

自分の恋愛をネタにコラムニストになるなど、社内恋愛に傷ついても泣き寝入りしない強さ、キャリアに生かす前向きさはぜひ見習いたいところです。

こういうポジティブな心が新しい恋を引き寄せるという好例ですね!

●その5:『幸せのレシピ』/ライバルにフォーリンラブ!

人気レストランの料理長の女性が、男性シェフにライバル心を燃やしますが、姪を通して、二人は心を通わせてゆく……という感動のハートフルなストーリー。

職場のライバル同士は、最初から男女の意識なく接しているため、恋の始まりはぎこちない。
でも、同じ目標に向かって歩む2人ゆえ、意外とスムーズに結婚まで行くことも多いのです。

ライバル同士の恋愛は、この映画の2人のように、公私ともに人生のパートナーになれる理想的な社内恋愛といえるでしょう。

やる気の原動力!オフィスラブ映画で気持ちを高めて

社内恋愛は、うまくいけば結婚までいきますが、失敗すると会社に行きにくくなるというデメリットも。

現在オフィスラブ進行中の人も片思い中の人も、映画のヒロインを参考に、恋愛も世渡り上手になって、ハッピーエンドを掴みましょう!

Written by 高橋なたりー
Photo by stockimages