「実は、かみさんも応募しました」

   こう言いながら『NEWSッス』コーナーで大竹真アナが取り上げたのは、「時給11万2000円」という謎の高額アルバイト募集。残念ながら、このコラムがJ‐CASTに掲載される頃には応募が締め切られているのだが、この高額アルバイトの仕事は何なのか。

応募者11万人

   募集したのは「サイバード」という会社。わずか1人の募集だが、詳しい仕事の内容は明かされず、高い時給と「年齢、性別、学歴不問、未経験者大歓迎」という好条件にひかれて応募した人は11万人を超えたという。


   番組の記者が会社を訪れ担当者に聞くと、「時給だけだと怪しく見えちゃうんですけど、3時間ぐらいのちゃんとした仕事です。身の危険があるわけではないのでご安心ください」と言う。

   実は、これにはこんなカラクリがあった。

   来月封切られる映画『インシテミル』。11万2000円につられて7日間にわたる新企画の実験に参加した男女10人が、殺人ゲームに巻き込まれていくサスペンス映画だ。高額アルバイト募集は、どうやらこの映画の宣伝を狙ったタイアップ企画のようだ。

   時給11万2000円の仕事の中身は、来月7日の試写会のスタッフ業務で、受付や人員整理などの雑用だという。

   もっとも、応募の締め切りは本日24日(2010年9月)午前9時まで。記者が「延長とかお願いできませんか」と食い下がると、担当者はその場で「じゃあ、午前10時までということで」と1時間延長が決まった。

   スタジオでは、司会の加藤浩次が怪訝な顔で「締め切り時間って、あんなに簡単に延長されるものなんですかね」

   テリー伊藤「映画会社はいい宣伝になって安いもんだ」

   今はやりの「無料戦略」と発想は同じ。

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!